【大歌舞伎】歌舞伎の歴史・まとめ年表⑥

日本は伝統を大切にする国です。雅楽・能楽・文楽・歌舞伎。大きくカテゴライズしても、この4大ジャンルに分類できます。この中でも、1番歴史が浅いのですが、世界中で最も認知度が高いのがKABUKIです。庶民の娯楽としておよそ400年前に誕生してから、昭和40年には重要無形文化財に認定され、平成21年にはユネスコから世界無形文化遺産に登録され、現在まで続いています。

ラスカルさん
今回も「まとめ」だね!
パンダくん
うん!今回は「変化舞踊」「生世話」などのジャンルが確立された「化政期」の続きだね!
レッサーさん
うん!より歌舞伎が芸術性をおびていくね!

 





 


 

さて。文化・文政のいわゆる「化政期」では、歌舞伎は鶴屋南北という巨匠を加え、「変化舞踊」や「生世話」という新たなジャンルを確立していきます。

この「変化舞踊」は、変化の数を争うために、好敵手である役者同士の張り合いが、芸術性を高めていくことにつながりました。

従来の「時代物」「世話物」の中から、後者の現実味・写実性を特化させた「生世話」はより観客の主観性を刺激し、エログロと言われる要素も加味した新しいものでした。

それでは、この時代の流れを見ていきましょう。

 


 

1811年(文化8)

二代目植村文楽軒が浄瑠璃小屋を正式に開場。経営を始め、基礎を固める。以降、三代目の文楽翁に引き継がれる。人形浄瑠璃は「文楽軒の芝居」と言われ、明治4年以降、芝居小屋は文楽座と呼ばれるようになったので、現在では人形浄瑠璃=文楽と呼ばれるようになる。

三代目坂東三津五郎が七変化舞踊「七枚続花の姿絵(しちまいつづきはなのすがたえ)を上演したのに対し、三代目中村歌右衛門が「遅桜手爾葉七文字(おそざくらてにはのななもじ)」を上演し、江戸中の評判となる。

歌舞伎十八番の1つ「助六(助六所縁江戸櫻)」が初演される。

常磐津『願人坊主浮かれ坊主(七枚続花の姿絵)』が初演される。

常磐津『汐汲松風(七枚続花の姿絵)』が初演される。

 


 

1812年(文化9)

名優四代目市川小團次が生まれる。

常磐津『三勝半七(其常磐津仇兼言)』が初演される。

 


 

1813年(文化10)

江戸森田座で「お染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)・お染の七役」が初演。四代目鶴屋南北作。

常磐津『橋弁慶(慣ちょっと七化)』が初演される。

常磐津『田舎ごぜ(四季詠寄三大字)』が初演される。

常磐津『松魚売、いさみ商人(四季詠寄三大字)』が初演される。

常磐津『台所唐人(四季詠寄三大字)』が初演される。

常磐津『景清、滝詣の景清(閏茲姿八景)』が初演される。

常磐津『水売(閏茲姿八景)』が初演される。

常磐津『晒女、近江のお兼(閏茲姿八景)』が初演される。

 


 

1814年(文化11)

常磐津『二人若松(都鳥名所渡)』が初演される。

常磐津『男舞、男舞の神楽歌(倣三升四季俳優)』が初演される。

常磐津『山姥(親子連枝鶯)』が初演される。

二世富本斎宮太夫が、市村座顔見世に初代清元延壽太夫として出演し、清元の名称を興す。

 


 

1815年(文化12)

江戸河原崎座で、変化舞踊「伊達の十役」が初演される。

常磐津『鎗持奴、月の辻君・夜鷹、うしろ面(其九絵彩四季桜)』が初演される。

常磐津『須磨(今様須磨の写絵)』が初演される。

 


 

1816年(文化13)

河竹黙阿弥が生まれる。

常磐津『女太夫(七小町容彩四季)』が初演される。

 


 

1817年(文化14)

常磐津『太神楽(松色操高砂)』が初演される。

初代藤間勘兵衛の門弟であった二代目西川扇蔵、没。この二代目と四代目・五代目が江戸の振付師として有名。二代目扇蔵は江戸三座の振付師として『関の扉』『戻駕』を振付し、西川流の全盛期を作った。

 


 

1818年(文政1)

常磐津『三ッ人形(其姿花図絵)』が初演される。

常磐津『からくり(其姿花図絵)』が初演される。

常磐津『時知るやの三つ面(誰身色和事)』が初演される。

 


 

1819年(文政2)

二代目小文字太夫、三代目常磐津文字太夫を襲名。しかし、同年7月に没。

初代文字太夫を曽祖父にもつ歌舞伎役者の市川男熊が、血縁だった縁故により三代目小文字太夫を襲名。家元後継者として迎えられる。

常磐津『箱根の五郎、下山五郎(春霞蝶道草)』が初演される

常磐津『舞鶴屋虎少将(睦月筈紋日)』が初演される

常磐津『雨の鉢木(再夕暮雨の鉢木)』が初演される

常磐津『薄雪道行、新薄雪、薄雪狂乱(大和文字恋の歌)』が初演される。

常磐津『百夜通、百代車(去程恋重荷)』が初演される。

 


 

1820年(文政3)

三代目常磐津小文字太夫、江戸三座筆頭に名前を出し、河原崎座「老松」のタテに座り、尾上菊五郎が名弘めの口上を述べ、初舞台を勤める。

常磐津『山鳥(一樹蔭雪〓)』が初演される。

常磐津『大工(花紅葉士農工商)』が初演される。

 


 

1821年(文政4)

のちの四代目市川小團次、七代目市川團十郎の門弟となる。

常磐津『伊吾餅(色盛松楓道)』が初演される。

 


 

1822年(文政5)

のちの五代目常磐津文字太夫が生まれる。

常磐津『忠臣蔵八段目(其侭旅路の嫁入)』が初演される。

初代藤間勘十郎、没。二代目藤間勘兵衛の養女の婿となり、三代目藤間勘兵衛を襲名するが、一時期家を離れ勘十郎の名で活躍した。「汐汲」「源太」など多くの名作を振付け、藤間流の全盛を築いた。

 


 

1823年(文政6)

八代目市川團十郎が生まれる。

三代目小文字太夫、七代目市川團十郎が烏帽子親となり、四代目常磐津文字太夫を襲名。

 


 

1825年(文政8)

江戸中村座で、「仮名手本忠臣蔵」の世界を用いた外伝、南北の代表的な生世話狂言である「東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん・四代目鶴屋南北作・七代目市川團十郎出演)」が初演。

江戸中村座で「東海道四谷怪談」の後日譚、並木五瓶の「五大力恋緘(ごだいりきこいのふうじめ)」の書き換え、「仮名手本忠臣蔵」の外伝としての性格を持つ「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」が初演。

三代目小文字太夫、実兄三代目市川門之助の急逝により四代目市川門之助の名義も継承。

常磐津『朝比奈釣狐(寄罠娼釣髭)』が初演される。

常磐津『お染(道行浮寝〓鳥)』が初演される。

初代清元延壽太夫、没。

 


 

1828年(文政11)

常磐津『鴛鴦(鴛鴦容姿の正夢)』が初演される。

常磐津『芥太夫、ごみ太夫(拙筆力七以呂波)』が初演される。

常磐津『瓢箪鯰(拙筆力七以呂波)』が初演される。

常磐津『乙姫(拙筆力七以呂波)』が初演される。

常磐津『角兵衛(后の月酒宴島台)』が初演される。

常磐津『宗清(恩愛〓関守)』が初演される。

 


ラスカルさん
なるほどー!時代によって特色があるんだね!
パンダくん
そう!観客のニーズは時代によって変わるから、それに合わせないといけないよね!
レッサーさん
うん!でも、歌舞伎は今や「伝統」芸能、新しい所を攻めつつも古典は大切にしたいよね!

 





レッサーさんの歌舞伎入門「大歌舞伎」のコーナー! 日本の伝統芸能で一番有名な歌舞伎! 日本人ならキチンと知っておきたいよね!

それでは、次回をお楽しみに!しば~ら~く~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です