【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑰

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
さー!今日もがんばって行きましょう!
パンダくん
過去問は唯一ゼッタイと言ってもいい「最強の書」!
ウサギ君
そう!試験の出題傾向が簡単に分かるよね!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問3 2

「べきだ」の過去

例:あの時、彼女を選ぶべきだった。

「ほうがいい」の過去

例:あの時、彼女を選んだほうが良かった。

両方とも、行為が実現しなかったことを示し、それに対する後悔や不満の意が強調されています。したがって、正解は2ということになります。

 


 

問4 4

1、勧めです。

2、必要(不必要)です。

3、義務です。

4、義務・必要・勧め・許可のいずれも該当しておらず、意志を表しています。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問5 3

1、「なければならない」も丁寧にできます。「なければなりません」

例:結婚したいのなら、婚約指輪購入資金を貯めなければなりません。

2、「なければならない」のほうが「なければいけない」よりも硬い文章で使われるので、縮約形「なきゃならない」も現れにくいです。「なきゃいけない」の方が頻繁に耳にします。

例:△結婚したいのなら、婚約指輪購入資金を貯めなきゃならない。

例:〇結婚したいのなら、婚約指輪購入資金を貯めなきゃいけない。←現れやすそう。

3、「なければならない」は硬い表現なので「なければいけない」のほうが、話し言葉での使用頻度は多いと思いでしょう。

例:結婚したいのなら、婚約指輪購入資金を貯めなければならない。←書き言葉に多そう。

例:結婚したいのなら、婚約指輪購入資金を貯めなければいけない。←話し言葉に多そう。

4、上記の選択肢3のように「なければならない」のほうが書き言葉的なニュアンスが強く、「なければいけない」のほうが話し言葉的なニュアンスが強いです。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問題3

問1 1

内の関係の名詞修飾(連体修飾)表現とは、修飾される名詞が修飾している節の一部であったと考えられるもののことです

2、「昨夜訪れたレストラン」→「レストランに昨夜訪れた」

3、「海水浴に行った日曜日」→「日曜日に海水浴に行った」

4、「社長が行なった会見」→「会見を社長が行なった」

上記のように言い換えることができます。しかし、外の関係の名詞修飾(連体修飾)表現は、そのような言い換えができません。

1、「景気対策を批判する声」→×「声 景気対策を批判する」

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問2 3

外の関係の名詞修飾には「内容節」と「補充節」があります。

 

「内容節」=修飾する節が名詞の内容を表しているもののことです。内容(同格)節は、「という」を入れるかどうかの観点から、3つに分けられます。

A「という」をいれるのが自然。

例1 北海道に転勤するという噂が広まった。

例2 北海道に転勤しろという命令がありました。

例3 僕に転勤は適任ではないという意見もあります。

B「という」を入れない。

例4 新品のiPhoneXの味はいかがですか。

C「という」を入れても入れなくてもよい。

例5 僕のiPhoneXが盗まれる(という)事件があった。

 

「補充節」=修飾する節が名詞の内容を表してはいないもののことです。補充節は、因果関係的な名詞を使うもの(例1)と、相対的な名詞を使うもの(例2)に分けられます。

例1 会社の機密情報が入ったiPhoneXを盗まれた結果、クビになった。

例2 クビを言い渡された翌日に頭が重くなった。

問題を解くには以上の知識がなくとも「実際に(という)を挿入してみて考える」ことで正解にたどり着けます。

1、✕という話、ということ、という噂→挿入した方が自然です。

2、✕という命令、という指示、という要求→挿入した方が自然です。

3、〇という意見、という考え、という訴え→挿入した方が自然です。

4、✕という音、という味、というにおい→挿入しない方が自然です。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問3 4

このような問題の場合は、意味あいが仲間外れのものを選ぶと良いでしょう。なお、アスペクトとは「動作や出来事がその動作中のどの時点にあるか」という文法的な概念のことです。

例えば、

「ラブレターを書くところだ」動作の開始時点

「ラブレターを書いている」動作の継続途中

「ラブレターが書いてある」動作が終わった結果

「ラブレターを書いたばかりだ」動作の完了直後。

「ラブレターを書きかける」動作を開始してすぐの時点

「ラブレターが完成しつつある」動作が完了する直前の状態、など。

以上のように、さまざまな表現によりアスペクトを表すことができます。

1、アスペクト表現ではありません。

2、アスペクト表現ではありません。

3、アスペクト表現ではありません。

4、アスペクト表現です。

したがって、正解は4ということになります。

 

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
ブヒー!どう?はかどってる!?
パンダくん
うん!まぁまぁかな!
ウサギ君
僕は順調だよ~!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です