【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑭

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問、明日も過去問よー!
パンダくん
過去問こそが勝利への一番の近道だよね!
ウサギ君
よっしゃー!がんばるんば!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問5 4

1、国際即戦力育成インターンシップ(2016年は国際化促進インターンシップ)事業の実施機関は、日本貿易振興機構(JETRO)と海外産業人材育成協会(HIDA)です。

2、トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムは、文部科学省を中心にして始まった官民協働の海外留学支援制度です。

3、海外留学支援制度(大学院学位取得型)の実施機関は、日本学生支援機構(JASSO)です。

4、日本語パートナーズの実施機関は、国際交流基金(JF)です。

したがって、正解は4ということになります。

なお、国際研修協力機構(JITCO)は、外国人研修生・技能実習生の受入れを支援し、開発途上国の人材育成に寄与します。国際協力機構(JICA)は、政府開発援助(ODA)の実施機関です。青年海外協力隊が有名です。日本国際教育支援協会(JEES)は、 国内の日本語能力試験(海外の日本語能力試験はJF)や、日本語教育能力検定試験を実施しています。

 


 

<試験Ⅱ>

問題1

1番d

学習者の「その話を」の②「の」と④「な」が強調して聞こえます。強調した部分のあとにはアクセントの滝が現れる傾向があるので、答えはdということになります。

 


 

2番b

まず、「降りたことが」の①「お」②「り」に注意して聞いてみると、低→高と上がっています(ちなみに本来の発音は高→低です)。さらに④「こ」が強調して聞こえるので、答えはbということになります。

 


 

3番a

まず、「チャイルドシート」の①「チャ」と②「イ」に注意して聞いてみると、高→低と下がっています。さらに③「ル」に強調は見られないので、答えはaということになります。

 


 

4番c

まず、「運動不足」の①②「うん」と③④「どう」は低低→高高と言う具合いに上がっています。さらに⑤「ぶ」は強調が見られないので、答えはcということになります。

 


 

5番d

まず、「こんな面白い」の②「ん」に軽く協調が見られるので、②→③が高→低のcかdに絞ります。そして、注意して聞いてみると⑤の「も」から上がって聞こえます。個人的にとても聞き分けにくい問題でしたが、答えはdということになります。

 


 

6番a

まず、「好きなだけ食べて」の①「す」と②「き」は、低→高と上がっているのが分かると思います。さらに④「だ」に強調が見られるので、間違いなくaかcであることが分かると思います。そして、⑥「た」には強調が見られないので、正解はaということになります。

 


 

問題2

1番d

学習者は「にて」(2拍)を「にって」(3拍)と発音しているので、拍の長さに問題があります。また「にて」は本来、低→高と発音しますが、学習者は高→低と下げて発音しているので、そのアクセントも間違っています。したがって、正解はdということになります。

 


 

2番c

学習者は「チャンと」の「と」で下がるべきアクセントが下がっていません。したがって、正解はcということになります。「チャンと呼んでください」が「ちゃんと読んでください」に聞こえますね。

 


 

3番d

学習者は「くわしい」を「くわし」と発音しているので、拍の長さが間違っています。また、「く」に強調が見られ、アクセントの滝があるので、アクセントも間違っています。したがって、正解はdということになります。

 


 

4番d

学習者は「も」「う」を高→低と下げているので「もういちど」のアクセントの下がり目が間違っています。また、文末イントネーションも上がっているので誤りです。したがって、正解はdということになります。

 


 

5番d

学習者は疑問文のように、文末イントネーションを上げています。したがって、正解はdということになります。

 


 

6番d

学習者は「い」「ま」を低→高と上げているので「いますぐに」のアクセントが間違っています。また、本来は疑問文なので上がっているはずの文末イントネーションが上がっていません。したがって、正解はdということになります。

 


 

問題3

日本語教育能力検定試験の試験Ⅱに必ず登場する口腔断面図の問題は、下記のように見分けることができます。

《調音点》

調音点は舌が口蓋(上あご)のどの部分に近いかを見極めるのがポイントです。本来であれば「歯茎→歯茎硬口蓋→硬口蓋→軟口蓋」の順番(左→右、唇側→ノドチンコ側)に表記されますが、分かりやすいように下記では順番を変えて説明します。

歯茎:尖った舌先が歯に近い図。

軟口蓋:盛り上がった舌が斜め後ろに向かっている図。

硬口蓋:盛り上がった舌が、口蓋(上あご)が薄くなっている部分(基本的には真上)に向かっている図。

歯茎硬口蓋:盛り上がった舌が斜め前に向かっている図。

実際の試験では、周りの人に聞こえないくらいの囁き声で「実際に発音してみる」ことが重要です。自分の口こそが唯一試験会場に持ち込める「カンニングペーパー」だからです。

 

《調音法》

調音法は下記の順番でチェックすると分かりやすいと思います。

鼻音:口蓋帆(のどの奥の上の部位)が開いて、鼻腔へ空気が通るようになっている図。

摩擦音・半母音:口蓋帆(のどの奥の上の部位)は閉じていて、舌と口蓋にスキマがあります(半母音の方が、若干スキマが広い)。

破裂音・破擦音・弾き音:口蓋帆(のどの奥の上の壁)は閉じていて、舌と口蓋がくっついています(さらに言及すると、弾き音は弾くために舌が反り返っています)。

つまり、下記のように判断することが出来ます。

1、口蓋帆が開いていれば「鼻音

2、舌と口蓋がくっついていれば「破裂音」「破擦音」「弾き音

3、舌と口蓋がくっついていなければ「摩擦音」「半母音

それでは、実際に問題を解いてみましょう。

 


 

1番d

学習者は「す」を「しゅ」と言っています。音声が説明をしている間に問題文に目を通しておくと、学習者が間違えそうな「しゅ」を想像できますね。「す」[s]無声歯茎摩擦音が、「し」[ ɕ / ʃ ] 無声歯茎硬口蓋摩擦音になっています。 「し」[ ɕ / ʃ ] 無声歯茎硬口蓋摩擦音の口腔断面図は、歯茎硬口蓋に舌が近づいている、かつ狭い隙間があるものです。したがって、dが正解ということになります。実際に「し」を口の中で発音すると、舌の位置から回答に導けますね。

 


 

 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
ブヒー!どう?はかどってる!?
パンダくん
うん!まぁまぁかな!
ウサギ君
僕は順調だよ~!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です