【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑫

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問を解きましょう!
パンダくん
うん!過去問は大事だよね!
ウサギ君
むしろ、これだけでも大丈夫かも!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問題11

問1 4

敬語の種類は、主に以下の5つに分けられます。おさらいしてみましょう。

1、尊敬語(行かれる・お聞きになる・ご活躍される・行動なさる・いらっしゃる等)

例:お客様がキャバ嬢に大金をお渡しになる。

2、謙譲語Ⅰ(ご案内する・申し上げる・存じ上げる・お渡しする)

例:キャバ嬢がお客様に脱ぎたてのホカホカヒモパンをお渡しする。

3、謙譲語Ⅱ(いたす・申す・存じる・まいる)

例:「私は店長に顧客データを提出いたします」

4、丁寧語(です・ます・ございます)

例:「これが太客のリストでございます」

5、美化語(お茶・お菓子)

例:「わかった。詳しいことはお茶でもしながら聞きましょう」

1尊敬語は「~が」を高く扱うので「お客様」を高く扱っています。2謙譲語Ⅰは「~に(を)」を高く扱うので、やはり「お客様」を高く扱っています。この尊敬語と謙譲語Ⅰは、動作をする人、される人への敬語なので「素材敬語(話題敬語)」と言われています。

3謙譲語Ⅱは動作の主体を低めるので、聞き手に対する敬意を表しています。4丁寧語は「です・ます・ございます」など、やはり聞き手に対する敬意を表しています。この謙譲Ⅱ語(丁重語とも)と丁寧語は「対者敬語(対話敬語)」と呼ばれています。

1、「差し上げる」は、動作の受け手を高める素材敬語(謙譲語Ⅰ)です。

2、「存じ上げる」は、素材敬語(謙譲語Ⅰ)です。ちなみに、「存じる」は対者敬語(謙譲語Ⅱ)になります。

3、「伺う」は、素材敬語(謙譲語Ⅰ)です。

4、「申す」は、聞き手に対する敬意と表す対者敬語(謙譲語Ⅱ)です。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問2 3

歴史的にみると、かつては上下関係が重視されていましたが、現代ではウチ・ソトを重視して敬語が運用されています(相対敬語)。したがって、正解は3ということになります。

 


 

問3 4

4の「参る」は、謙譲語Ⅱです。動作の主体を低めるので、聞き手に対する敬意を表します。「先生」に「参る」は不適切です。したがって、正解は4ということになります。

 


 

問4 2

1、「いらっしゃる」は尊敬語です。

2、「お(ご)〜する(できる)」 は謙譲語Ⅰです。

3、「お(ご)〜になる(なれる)」は尊敬語です。

4、「お(ご)〜になる」は尊敬語です。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問5 1

美化語とは「自分の品位を保つために用いるもの」です。相手の存在を必要としません。

1、相手に敬意を払っているわけではないので、美化語です。したがって、正解は1ということになります。

 


 

問題12

問1 3

1、ダイバージェンスとは、アコモデーション理論(相手によって話し方を調整する)の一つで「相手の話し方から自分の話し方を離していくこと」です(例:関西人が上京後も関西弁を強調して話す)。逆に、相手の話し方に近づけることは、コンバージェンスといいます(オジサンがギャルと話すときに受け入れられようと若者言葉を使う)。株式のダイバージェンスとは別物です。

2、ダイグロシアとは「ある社会において二つの言語が異なる目的で使い分けられている状態」のことを指します。

3、マルチリンガリズムとは「多言語を使用すること」です。

4、バイカルチャリズムとは「二つの文化の共存」です。

したがって、正解はということになります。

 


 

問2 4

公用語が一つなのは、フランスです。インドはヒンディー語と英語、シンガポールはマレー語・中国語・タミル語・英語(シングリッシュ)です。したがって、正解は4ということになります。

 


 

問3 3

1、コンプレックスとは「複合的な心理作用による様々な状態を指す言葉」です。感情複合とも言います。

2、プレステージとは「地位や品質が高いことを示す言葉」のことです。

3、スティグマとは「個人に非常に不名誉な屈辱を引き起こすもの」です。アメリカの社会学者ゴフマンが用いました。

4、タブーとは「ふれたり口にだしたりしてはならないとされているもの」のことです。禁忌です。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問4 2

言語復活とは「再び言語が活力を取り戻し、話者数が増加すること」です。したがって、正解は2です。

 


 

問5 4

アイヌ語は、明治政府の同化政策によって使用が制限され母語話者数が著しく減少しましたが、1997年に「アイヌ文化振興法」が成立し、アイヌ語やアイヌ文化の普及活動が行われています。したがって、正解は4ということになります。

 


 

問題13

問1 1

非言語情報とは「言語によらず、言語を手段として用いないことなどを意味する語」のことです。具体的には、身振り、手振り、表情、姿勢などで意思疎通を図ることを指し、非言語コミュニケーションの表現で用いられます。したがって、正解は1ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
ブヒー!どう?はかどってる!?
パンダくん
うん!まぁまぁかな!
ウサギ君
僕は順調だよ~!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です