【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑪

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問をがんばろうね!
パンダくん
うん!過去問こそ攻略本!
ウサギ君
パンダくん、勝ちにいこうぜ~!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問3 2

1、後から英単語を滝のように覚えなければならないと、せっかく最初に覚えた英単語は思い出せなくなりそうです

2、集中的に繰り返すよりも、時間を置いて練習したほうが記憶されやすいと思います。

3、新しく覚える英単語(例:unbreakable=破ることができないもの)は、既存の知識(“un”は打消し、“able”は可能性など)と関連付けて覚えた方が思い出しやすくなりそうです。

4、記憶には言葉で説明できるものもあれば、もちろん出来ないものもあります。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問4 1

1、複数の課題を同時に行うと、ワーキングメモリの処理効率が低下します。

2、ワーキングメモリは個人差があるので、子どもと大人で同じなわけがありません。

3、ワーキングメモリには容量に制限があるため、何もしないとすぐに消失してしまいます。

4、ワーキングメモリは、情報の保持や検索、さらに情報の分析・統合といった高度な認知的作業を行う動的な記憶です。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問5 3

外国語副作用とは「熟達していない外国語で話しているときに思考力が落ちること」を指します。したがって、正解は3ということになります。

 


 

 

問題10

問1 4

ピネマンの処理可能性理論では、語、句、文と言語単位の小さなものから順に自動化処理が発達するとしています。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問2 2

言語適性には「音声認識力」「言語分析力」「記憶力」という三つの側面があります。

選択肢2の「言葉の使用例から規則性を抽出する能力」は言語分析力です。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問3 1

学習者のビリーフ(信条)によって学習効果に差は出ますが、好きなこと(例:音楽を演奏する)と得意なこと(例:お金儲け)は異なる場合があるように、ビリーフ(信条)に沿った方法で学んだからといって、効率よく学べるとは限りません。それに自分の信念(ビリーフ)は間違っているかもしれないので、他人の意見に影響されず貫くのは、失敗するおそれがあります。ビリーフは経験を通して変化していき、実際の学習における行動とは必ずしも一致しません。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問4 3

適正処遇交互作用とは「学習者の適性と教師の指導法とが互いに影響を与え、学習効果に差が出ること」です。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問5 2

補償ストラテジーとは「言語知識の不足を補うためのストラテジー」です。それでは学習ストラテジーを復習してから、問題を解いていきましょう。

『学習ストラテジー』

 

まず、学習ストラテジーは以下の2つに大別されます。

1、言語学習ストラテジー(言語学習に用いる)

2、コミュニケーションストラテジー

(身振り・パラフレーズ・回避・話題転換・言語交換・リペアなど)

さらに、1の言語学習ストラテジーは「直接ストラテジー」と「間接ストラテジー」に分かれ、さらに以下の6種類に分けられます(オックスフォードの分類。オマリーとシャモ―はこれを①認知・②メタ認知・③社会情意的ストラテジーに分類している)。

【直接ストラテジー(学習に直接関わるストラテジー)】

記憶ストラテジー(語彙や文法を覚える手段)

例:年号を語呂合わせで覚える。具体的なイメージでキーワードを覚える。

日本語と母語の似ている部分を結びつけて覚える。

認知ストラテジー(学習する方法)

例:メモを取る。重要な語に線を引く。知らない語を辞書で調べる。

補償ストラテジー(言語知識の不足を補う手段)

例:未習語の意味を文脈から推測。身振りや手ぶりを用いる。

【間接ストラテジー(学習を間接的に支え、習得のための条件を整える)】

メタ認知ストラテジー(学習を管理する手段)

例:目標を決めて授業にのぞむ。予習して授業にのぞむ。

学習目標と達成期限を設定する。効果的な勉強法や教材に関する情報を収集する。

スピーチ本番の前に録音して、出来をチェックする。

書いた文章を自分で読み返して、間違いを修正する(復習)。

情意ストラテジー(情緒や態度を調整する手段)

例:自分を褒める。クラシック音楽を聞いてリラックスする。

社会的ストラテジー(学習に関して他者と関わる)

例…分からないところを先生や友達に尋ねる。

成績の良い同級生からアドバイスをもらう。聞き手の反応に配慮する。

日本語だけでなく日本の社会や文化についても吸収するよう努力する。

1、目標言語を話すために友達を作るのは、社会的ストラテジーです。

2、知らない語の意味を文脈から推測するのは、補償ストラテジーです。

3、音楽を使ってリラックスするのは、情意ストラテジーです。

4、目標言語を母語と対照して分析するのは、認知ストラテジーです。

よって、正解は2です。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
ブヒー!どう?はかどってる!?
パンダくん
うん!まぁまぁかな!
ウサギ君
僕は順調だよ~!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です