【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑩

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問を解いて解いて、解きまくるのよ!
パンダくん
よっし!来いやー!
ウサギ君
うん!パンダくん、一緒にがんばろう~!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問4 1

CEFR Can-do一覧(No. レベル 言語活動 カテゴリー)のレベルごとに見てみると、

1は「活動Can-do」です。

2は「テクストCan-do」です(379 A2 要約したり書き写したりする)。

3は「能力Can-do」です(467 A2 言語構造的能力 使用語彙領域)。

4は「方略Can-do」です(338 B1受容 意図を推測する)。

したがって、正解は1ということになります。CEFR Can-do一覧が頭に入っていないと解きにくいかもしれません。その場合は「活動」の意味から推察するスキルが必要ですが、ある程度時間をかけても分からなければ「捨てる」というのも1つの手です。試験時間には限りがありますし、集中力を温存しておくのも立派なストラテジーです。

 


 

問5 1

1,ポートフォリオを活用すると、結果よりも過程を重視した評価をすることができます。

2,ポートフォリオを活用すると、学習者の自律的な学びを促すことができます。

3,ポートフォリオを活用すると、学習者の学びの過程に関する詳しい情報を得ることができます。

4,ポートフォリオを活用すると、学習者の学びを継続的に支援することができます。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問題8

問1 4

1、「起こらない」と断言しているものは消去するのが鉄則です。

2、「変わらない」と断言しているものは消去するのが鉄則です。

3、情報処理を簡略化するための作用ではないでしょうか。

4、情報は、カテゴリー化(分類)して整理されます。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問2 1

ステレオタイプとは「特定の社会集団やカテゴリーに対する知識や信念」のことです。

1、「Xさん」と個人指定しているので、特定の社会集団やカテゴリーに対する知識や新年ではありません。ちなみにステレオタイプが負の方向に働くと「偏見」となります。したがって、1が正解ということになります。

 


 

問3 3

1、「やっぱり、日本が一番だよね~(*´ω`*)」「そうだよね~、民度高いし(*´ω`*)」。

2、「サッカー、ナカタガサイコーデス(*´ω`*)」「ふふっ(*´ω`*)(でしょ!もっと言って!)」。

3、映画・マンガで有名な「テルマエ・ロマエ」では、現代日本にタイムスリップした浴場専門の設計技師ルシウス・モデストゥス(主人公)は、日本人のことを「平たい顔族」と呼称していました。欧米人にとって東アジア人の顔はみな同じ顔に見えるように、内集団に対してよりも、外集団へのほうが成員同士を均質的に捉えやすい傾向にあります。

4、「留学生のキムさん、メンバーに入れよっか?」「えー、雰囲気合わないんじゃない?文化違うし。私たちと違うでしょ?」

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問4 1

1、外集団に対する偏見や差別は「肯定的な自己評価を確立したい」という動機によって生じると言われています。

2、外集団に対する偏見や差別は、無意識のうちに自然に生じます。

3、外集団に対する偏見や差別は、直接会ったことのない外集団に対しても生じます。

3、外集団に対する偏見や差別は、利害関係や争いのない外集団に対しても生じます。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問5 4

1、コンフリクト・マネジメントとは「意見や利害の対立を組織の活性化や成長の機会ととらえ、積極的に受け入れて問題解決を図ろうという考え方」を指します。

2、オピニオン・ギャップとは「意見・主張のへだたり」のことです。

3、クリティカル・シンキング(批判的思考)とは「考えるための技術」」のことです。

4、カルチャー・アシミレーターとは、 異文化トレーニングの一つで異文化の人間の行動パターンを学ぶもののことです。「異文化摩擦のエピソードに対する複数の解釈を通じて、多様なものの見方への気づきを促す活動」を指します。また、異文化摩擦の中でも「文化の違いが原因で起こった危機事例」をクリティカルインシデントと言います。

よって、正解は4です。この問題5にある選択肢は、どれも試験を受けるうえでは必要な知識なので、ぜひこの機会に覚えておきましょう。

 


 

問題9

問1 4

1、アイコニック・メモリー(視覚情報の感覚記憶)の持続時間は約1秒以内。エコイック・メモリー(聴覚情報の感覚記憶)の持続時間は約5秒といわれています。目で見たものより耳で聞いたことの方が覚えやすいのですね。

2、パーティー会場など多くの人が話している場所でも会話できることをカクテルパーティー効果と言います。他の言語情報が一緒に聞こえる状態でも選択的注意が働くので、聞きたい人の話が理解困難にはならないからです。

3、リスト順に単語を覚えると、最初の語は中間部の語よりも記憶に保持されやすいです。

4、視覚提示の場合、十分な時間が与えられれば語より絵のほうが記憶されやすいそうです。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問2 3

バンパタンが主張する第二言語の学習者のインプットの処理の仕方の傾向に関する記述として適当なものを選ぶ問題です。

3、例えば英語について考えてみると、機能語(in,you,the)より内容語(go,nice,table)を優先的に処理しています。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
ブヒー!どう?はかどってる!?
パンダくん
うん!まぁまぁかな!
ウサギ君
僕は順調だよ~!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です