【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】④

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問を解いてがんばるわよ~!ブヒー!
パンダくん
うん!熱中症にならないように気をつけないとね!
ウサギ君
そうだね!勉強がフィーバーしちゃうと、思いっきり熱気出ちゃうからね!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

(3)1

モダリティ(ムード)とは、話し手の心的態度や聞き手への働きかけを表す表現です。事に対するものと、他の人に対するものに分けられます。

対事的モダリティ(事柄をどのように見ているか)

例:たまげたなぁ、これが噂の花びら大回転らしい。

対人的モダリティ(他の人にどう伝えるか)

例:花びらサービスご利用にはOP料金を別途払ってください

※通常、対事的モダリティと対人的モダリティはこの順番で接続します。

例…この新人は店のトップになるかもしれないよ(「かもしれない」が対事的モダリティ、「よ」が対人的モダリティ)

したがって、正解は1ということになります。

 


 

(4)2

パズルのような問題です。各選択肢の三つの終助詞を並べ替えて、組合せ可能なセットを探してみましょう。ちなみに正解は、2の「ね」「よ」「わ」です。

「ね」と「よ」

例:オレのこと愛してるって言ってくれたよね

「よ」と「わ」

例:そんなこと言った覚えないわよ

「わ」と「ね」

例:ホント、アンタってシツコイわね

更に3つを同時に用いて接続することも可能です。「わよね」に組合せ可能です。

例:お金出さないつもり!? 私のことNo1にするって言ったわよね!?

 


 

(5)1

選択肢2・3・4は自然な表現ですが、選択肢1のみ「サ入れ言葉」になっています。正しくは「もう帰らせていただきたいんですけど」です。したがって、正解は1ということになります。

 


 

問題3-B

(6)2

1、畳語とは「人々」「国々」のように同じ語を連ねた合成語です。

2、語彙は構成の観点から、単純語合成語に分けられます。合成語は、複数の成文からできていて、複合語(山登り)・畳語(山々)・派生語(春めくなど)に分けられます。

3、抱合語は「単語、特に動詞に他の多数の意味的または文法的な単位が複合され、文に相当する意味を表現しうるような言語」のことです。該当する言語はシベリアからアメリカ大陸にかけて特に多く分布するといいます。しかし、赤本に載っていない情報なので切り捨てて消去法でよいと思われます。

ちなみに同じ言語類型論的な分け方に「膠着語(日本語・韓国語など)」「屈折語(ラテン語・ギリシャ語など)」「孤立語(中国語など)」があります。

4、混種語とは「ある言語の形態素とそれとは別の言語の形態素を語源とした合成語のこと」です。なお、日本語では語種の一種であり、和語・漢語・外来語という語種の異なる形態素からなる複合語のことを指します。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

(7)3

1、魚釣り=〇魚を釣ること。

2、値上げ=〇値を上げること。

3、箸置き=✕箸を置くこと。箸置きとは箸を置くための小物。メトミニー(換喩)、あるものを隣接関係にある他のもので示すことが生じて、意味が変化しています。

4、人助け=〇人を助けること。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

(8)1

外来語に接尾辞「る」が付く動詞化の問題です。

1、メモの動詞化

2、デコレーションの動詞化

3、ハーモニーの動詞化

4、ネグレクトの動詞化

私は始め1をメモライズ(記憶する・暗記する)だと思いましたが、メモですね。メモライズ(記憶する・暗記する)ではなく、メモ(名詞)なので省略されていません。したがって、1が正解ということになります。

 


 

(9)2

この手の問題は選択肢にヒントが隠されています。選択肢1で「外来語はほとんど連濁しない」と言ったそばから、選択肢2で「外来語は連濁することもある」と言うなんて明らかにオカシイ。二律背反です。どちらかが間違いだろうと予測できます。

さらに、本文の最後には「(連濁のルールについて)例外は若干存在するため、全てを説明できる万能な法則はいまだ見つかっていない」とあるので、選択肢2で「漢語は連濁しない」と断言しているのは誤りのなのではないか、と推測できます。

したがって、2が正解ということになります。また、連濁は下記のような特徴を持っているので覚えておきましょう。

1、連濁は、漢語や外来語で起こりにくく、和語に起こりやすい。

2、完全に日本語化した漢語や外来語は連濁する傾向にある。

漢語の例:和菓子(かし)、角砂糖(さとう)、株式会社(かいしゃ)

外来語の例:雨合羽(カッパ)、いろはガルタ(カルタ)

 


 

(10)4

ライマンの法則とは「連濁が起きる場合において、すでに複合語の後部要素に濁音が含まれている場合には連濁は起きない」ことです。

例:春(はる)+ 風(かぜ)=〇はるかぜ、✕はるがぜ

1、「とけい」に濁音はありません。

2、「くせ」に濁音はありません。

3、「したく」に濁音はありません。

4、「はしご」には濁音があります。しかし、ライマンの法則通りであれば「なわはしご」になるはずが「なわばしご」と連濁しています。法則の例外です。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう!?勉強は慣れてきた?
パンダくん
う~ん……、結構むずかしいね?
ウサギ君
そうだね!でも、やってく内にブレークスルーが起きて「あっ、そういうことなんだ」ってヒラめくようになるよ!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です