【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】③

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問を解いて、試験合格を目指しましょう!ブヒー!
パンダくん
うん!今回も暑いけど・・・がんばるんばッ!
ウサギ君
よーし!日本語教師を目指してレッツラゴー!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問題2

(1)3

例題は本来「は」にするところを「あ」に間違っているので、子音が欠落しています。

1、「へ」を「え」にして間違っているので、子音の欠落です。

2、「ほ」を「お」にして間違っているので、子音の欠落です。

3、「ん」を「あ」にして間違っているので、子音の欠落ではありません。

4、「ば」を「あ」にして間違っているので、子音の欠落です。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

(2)2

本来は「落ちている」(落ちる)を 「落としている」(落とす)にして間違っているので、自動詞と他動詞の誤りです。

1、「掛かっている(掛かる)」という自動詞を使うべきところを、他動詞「掛ける(掛けている)にして間違っています。

2、そもそも活用が誤っています。「置く」は「置きて」ではなく、イ音便化して 「置いて」になります。更に「置く」は他動詞なので「携帯電話が置いている」も正しくありません。自動詞を使いたいところですが「置く」に対応する自動詞が見つかりません。よって、受身にしてみます。「携帯電話が置かれている」。明らかに異様です。

3、「入っている(入る)」という自動詞を、他動詞「入れている(入れる)」にして間違っています。

4、「破れている(破れる)」という自動詞を、他動詞「破っている(破る)」にして間違っています。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

(3)3

例題は本来「立ったまま」とするところを「立ちながら」としている誤りです。

1、〇「開けたまま」

2、〇「入れたまま」

3、✕「帰ったまま」

4、〇「つけたまま」

したがって、3が正解ということになります

 


 

(4)2

条件の表現を表す副詞節「と、ば、たら、なら」の使い分けに関しては赤本(日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド)のP114以降に詳しい説明があります。赤本によると「と」は、後件に、意志・勧誘・命令などの表現が来ません。選択肢は全て、後件に、意志、提案、命令などの表現が来ているので「と」は使えないのです。なお、副詞節とは理由・目的・条件を表す節で、主節述語にかかっています。

それでは「と」を「たら」に変えてみましょう。「駅に着くと→駅に着いたら」。

1、「〇買ったら」

2、「△行ったら」

3、「〇合格したら」

4、「△生まれたら」

選択肢1・3・4はいずれも「前件(従属節)が実現したら後件(主節)」という関係にあります。つまり「従属節→主節」という時間経過になります。

しかし、選択肢2は「前件(従属節)が実現するなら後件(主節)」という関係にあります。つまり、従属節と主節の時間関係は「同時」です。この場合に「たら」は不自然です。「なら」になります。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

(5)1

本来はニ格を使うべきところを「ヲ格」に間違えています。

1、本来はガ格を使うべきです。「が分かる」

2、本来はニ格を使うべきです。「に苦しむ」

3、本来はニ格を使うべきです。「に満足する」

4、本来は二格を使うべきです。「にあきれる」

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問題3-A

(1)3

形態素とは意味を持つ最小の単位のことなので分解して数えてみましょう。

『(家の仕事を)手伝わせられていたらしいですね』

1、使役の助動詞「せる」の「せ」

2、受身の助動詞「られる」の「られ」

3、接続助詞の「て」

4、補助動詞「いる」の過去形「い」

5、過去の助動詞「た」

6、推定の助動詞「らしい」

7、丁寧な断定の助動詞「です」

8、終助詞の「ね」

と上記のように8個と考えてしまいがちですが、日本語文法では「手伝わせられていた」の「て」を接続助詞とせず、動詞の活用の一部「テ形」とみなしています。したがって『①せ ②られて ③い ④た ⑤ らしい ⑥です ⑦ね』の7つの形態素に分けることができます。したがって、正解は3ということになります。

 


 

(2)2

アスペクト(相)=動作や出来事が、その動作中のどの時点にあるかという文法的概念。

テンス(時制)=その動作や出来事が、発話時点と時間的にどのような関係(過去・現在・未来)にあるかという文法的概念。テンスを表すル形…明日、試験が行われる(未来を表している)です。

アスペクトを表すル形。 例:今から食べる(未了(動作の開始直前)を表している)

アスペクトを表すタ形 例:もう食べた(完了を表している)

*なお「もう食べた」のように、動作動詞「食べる」のタ形は完了も表すので、選択肢3は誤りです。

テンスを表すル形 例:今日、試験がある(未来を表している)

テンスを表すタ形 例:昨日、試験が行われた(過去を表している)

*なお「試験がある」のように、状態動詞「感じる」のル形は現在も表すので、選択肢4は誤りです。

したがって、2が正解ということになります。

 

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
試験っていうと身構えちゃう人が大多数だけど、あれはクイズよ!
パンダくん
そうだね!クイズだって思えば楽しく臨めるし、無駄な緊張はしない!
ウサギ君
うん!緊張は大敵だよね!「集中」と「緊張」は全くの別物だからね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です