【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】②

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問を解いて、試験合格を目指しましょう!ブヒー!
パンダくん
うん!今回も平成27年度過去問の続きだよ!
ウサギ君
よーし!がんばるぞー!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

(8)1

選択肢2・3・4・5の「話せる」は、サ行五段活用「話す」の可能動詞で「できる・できない」の可能性を表しているのであって、1の「話せる」は「ものわかりがよい、話がわかる」という意味を表しており、サ行下一段活用「話せる」です。この手の問題は異質なもの、仲間外れなものを探すクイズ感覚で考えてみると説きやすいかもしれません。したがって、正解は1ということになります。

 


 

(9)4

知らない用語が出てきたときは焦ってはいけません。確かに私の調べた限り赤本にも載っていない情報です。しかし、本試験は「日本語教育能力検定試験」です。日本語教師として「これはどう意味だろう。何を表す言葉なのだろう」と考える能力は必須と言えます。

本来の「項」とは「ある述語に必須の補語」という意味です。

一項動詞「寝る」=例:「キャバ嬢は」いつも朝方に寝る。

二項動詞「似合う」=例:「彼女は」「札束が」よく似合う。

三項動詞「あげる」=例:「私は」「彼女に」「カルティエの新作を」あげた。

このように文を成り立たせる上で必須補語がいくつ必要であるかが重要です。

1、AがBにぶつかる=二項動詞

2、AがBを食べる=二項動詞

3、AがBに歯向かう=二項動詞

4、AがBにCを借りる=三項動詞

5、AがBと結婚する=二項動詞

したがって、正解は4ということになります。この「項」は中学校の数学の授業でも習いましたが、覚えているでしょうか。数学の場合の項は「数列などの構成要素」を表しています。

例えば、『2-8+7』という式の項は[2][-8][7]です。ある式を「足し算だけ」の式に直したとき、+記号に挟まれているものが項なのです。日本語の「項」」と似通っていますね。このように日本語教育能力検定試験では「わからない用語を推察する技術」が問われるものが多いのです。

 


 

(10)5

漢語がどのような修飾構造になっているかについての問題です。2つの漢字を分解してみて、修飾語を動詞、被修飾語を名詞とみなして考えます。

1、〇力が無いこと

2、〇音が高いこと

3、〇額が多いこと

4、〇数が少ないこと

5、✕下が低いこと

選択肢5のみ並列構造といって、似た意味の語を並べています。したがって、正解は5ということになります。

 


 

(11)2

1、(少しだけなら)=多くは話せない。

2、(課長なら)=課長であれば

3、(あの店になら)=ほかの店は置いてない。

4、(カレーなら)=他の料理は作れない。

5、(ゆっくりとなら)=早くは歩けない。

選択肢1・3・4・5の「なら」は、文の表面にはない情報を暗示している「取り立て助詞」の「なら」です。

2の「なら」は「聞き手の発言を受ける用法で、相手が述べたり質問したりしたことの中から主題を受け取って、それについて話を展開させる場合に用いることができる「なら」です。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

(12)3

1、〇(たとえ)皆に反対されたとしても……

2、〇(たとえ)どんなに着込んだにせよ……

3、✕(たとえ)待ち合わせ場所に付いたのに……

4、〇(たとえ)誰に聞いたって……

5、〇たとえ走ったところで……

1・2・4・5は「仮定の逆接」ですが、選択肢3だけは「確定の逆接」です。したがって、正解は3ということになります。

 


 

(13)4

1、新たな技術開発(をするために)

2、慣れない環境に適応(するために)

3、論文を理解(するために)

4、契約内容をご確認(したあとに)

5、本品を安全にお使いいただく(ために)

したがって、正解は4ということになります。このように「違う言葉を用いて仲間外れを探す問題」は試験Ⅰの冒頭では多く出題されます。一発で分かる問題もありますが、一筋縄ではいかないものも登場します。そのような時でも頭の中をクリアにして柔軟に考えるのが理想と言えます。

 


 

(14)5

取り立て助詞の出題です。格助詞「が・を・に・へ・と・から・より・で・まで(名詞がどのような関係で術語につながるかということ『格』を概略的に示したもの)」に対して、とりたて助詞「は・も・さえ・でも・だけ」は文の表面に書いていない何らかの情報を表しています。

選択肢1・2・3・4の取り立て助詞の対象は述語ですが、5のみ主語が対象になっています。取り立て助詞を抜いてみると分かりやすいでしょう。

1、微動しなかった

2、出血しなかった

3、入賞できなかった

4、想像できなかった

5、教員できなかった

したがって、正解は5ということになります。

 


 

(15)4

各選択肢の名詞と動詞を比べてみます。

1,着回し 着回す

2,持ち込み 持ち込む

3,見直し 見直す

4,走り書き 走り書きする

5,やり過ぎ やり過ぎる

4だけ、動詞が「名詞+する」の形になっています。

よって、正解は4です。

ちなみに、

動詞を名詞にするときは、連用形(マス形のマスを省く)にします。

1、着回す→着回し(ます)

2、持ち込む→持ち込み(ます)

3、見直す→見直し(ます)

5、やり過ぎる→やり過ぎ(ます)

名詞を動詞にするときは、「する」を加えます。

4、走り書き→走り書きする

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
試験って難しく考えたら終わりよ!
パンダくん
でも、やっぱりこの試験に受からないと日本語教師になれない(*学校に通えばなれます)から余計にキンチョーするよ?
ウサギ君
うん!わかるよ!でも、緊張すると逆にうまくいかないんだよ!女の子とデートするときのこと思い出してみて!キンチョー=キョドる=イメージわるいだよ!自信を持とう!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です