【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】㉗

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問を解いて、試験合格を目指しましょう!ブヒー!
パンダくん
うん!今回はちょっとしたコラムもあるね!
ウサギ君
日本語教師に必要な知識かもよ!?

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問3 3

学校教育法施行規則の一部を改正する省令等の施行について(通知)によると、教育過程の中で日本語指導が実施できることになったので、正解は3です。しかし、このような情報を知らないで問題にあたると混乱し、精神上よくありません。1点は1点なので、わからない問題・時間のかかりそうな問題はスルーして捨てるというスキルも重要です。特に試験Ⅲは120分という試験時間ですが、記述もあり集中力も切れかかっている頃なので、時間に余裕はないからです。

しかし、このブログでは時間があるので少し考察していきましょう。どうもこの日本語教育能力検定試験を開催する日本語教育支援協会(JEES)は「日本語教育の現状に不満がある」ような気がします。具体的には「もっと政府は日本語教育が必要な外国人児童生徒にもっと配慮すべきだ!」といったものです。この事から1の「加配教員を自治体予算で配置」、および4「教育課程の中で母語指導」は間違いである印象を受けます。さらに2の「2011年から指導内容が初めて記述された」も遅いような気がします。よって、消去法的に3が正解ということになります。

 


 

蛇足ですが、これには「営利目的でない団体が国から補助金を受ける場合は、必ず予算を使い切るべし」という大人の事情があります。JEESに限ったことではありません。もし社会的マイノリティをメインもしくは副業的に支援するような団体が、国から補助金を受けていた場合、「補助金あまっちゃってさ~こんなに貰えて、現状にチョー満足しちゃってるよ~」などと言おうものなら、翌年度からは大きく減額もしくはカットにつながりかねません。補助金を受ける団体は国に弱く、国は世論(国民)に弱いからです。そして試験の受験者は「国民」です。ですから、試験問題の中でも「現状に不満がある」と口を酸っぱくしていっているのです。たぶん。

 


 

さらに蛇足ですが、皆さんがよく使われるコンビニ。例えば7だとすると、全国に無数にあるうちの店舗は7直属の店舗とフランチャイズ店に大別され、その多くがフランチャイズ店です。フランチャイズとは簡単にいうと「7に上納金を入れる代わりに7のブランドを借りて、ノウハウを学べるシステム」です。コンビニだけでなくハンバーガーショップ、ラーメンチェーンも行っています。日本語教師が教える学習者もコンビニが就職先になるケースが多いので知っておいたほうがいいと思います。

このフランチャイズをしている人々(オーナー)は勝ち組と負け組に分かれてしまいます。売り上げが伸びている人とそうでない人です。この売り上げが伸びている人は何店舗もコンビニを経営しているオーナーです。店舗がまだ1店舗の頃は自分が店長として売り上げを伸ばします。そして同時に「店長候補」を事前に教育して育て、二店舗目が完成した時に店を任せるのです。敏腕オーナーであれば自身は店頭に立つことなく、アルバイト→社員→店長候補といった具合に人材育成に力を注ぎます。

 

ここで問題です。このような敏腕オーナーは商品を発注(たとえばのり弁)する際に、店長候補にいくつ発注させるでしょうか。たとえば記録を見ると毎週その曜日は5~7です。

1、       5~7

2、       7~10

3、       10~15

1を選んだ候補生は敏腕オーナーから「失格」のレッテルを張られてしまい、店長への道から遠のいてしまいます。なぜでしょうか。1を選んだあなた、無駄が出ないように頼むのは当然だと思っていませんか? 廃棄になってはもったいないからと? しかし、敏腕オーナーから見た正解は2です。例えばお客さんが「のり弁目当て」で店舗に訪れたとします。しかし、売り切れてしまいGETできなかった。彼はガッカリしませんか? もしかすると少し遠くなるけれど他の店舗のファン(お得意様)になってしまう可能性が高いのだそうです。その他の店舗は「品切れしないライバル・敏腕フランチャイズオーナーの店舗」です。だから敏腕オーナーは廃棄になる弁当3~5個分のコストよりも、そのお客さんがほかの店舗にいかないように囲い込んで長期的なベネフィット(利益)を得ることを重視するのです。大人の事情ですね。

ちなみに廃棄弁当を持ち帰るのをだまって見過ごすオーナーと徹底して管理するオーナーに分かれます。前者は短期的にみると家計を助けますがつぶれてしまう可能性が高いです。就職するのであれば後者で、キチンとした教育を受けるべきだと思います。そして、日本のコンビニでがんばって働いている多くの外国の方たちは、私たちがこれから日本語を教える学習者達の未来の姿の1つです。裕福な人もいれば廃棄弁当を持ち帰りたい人もいるかもしれません。しかし、この事を念頭に入れておくと、進路相談などでさらにブラッシュアップされた提案ができるかもしれませんね。最後に一言だけ。

アマゾンGOをご存知ですか? レジがない無人コンビニです。昨今、コンビニで外国人の姿を多く見る機会があると思います。覚えることが多い最低賃金のコンビニで働こうとする日本人学生は少なくなり、企業は人材保管のために外国人の労働力をアテにしています。しかし、このアマゾンGOのシステムが日本のコンビニチェーンに大きく浸透したら? 日本語教師として知っておいて損はない知識だと思います。

 


 

問4 1

南米日系人(ポルトガル語・スペイン語母語話者)の来日が増えた理由は、バブル景気の労働者不足対策で1990年に出入国管理および難民認定法の改正されたことに起因します。これも大人の事情ですね。これを受けて「定住者」の在留資格が創設され、日系三世まで就労可能になったことで、日系人の来日が増えたのです。したがって、正解は1ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成26年度試験Ⅲに突入したわね!
パンダくん
試験時間は120分!集中力が続くかなぁ。。。?
ウサギ君
うん!ラストには記述式があるから、体力を温存しておかないとね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です