【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】㉖

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問を解いて、試験合格を目指しましょう!ブヒー!
パンダくん
うん!今回もはりきって行こう~!
ウサギ君
日本語教師になっちゃうんだってばよ!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問3 3

選択肢はすべて災害時によく使われるものです。2は「大きな」などと言い換えられるので✕。4も「かもしれない」などと言い換えられそうなので✕。1は言い換える言葉が思い浮かばないのですが、3は意味「大地震のあとに続いて起こる小地震=おおきな じしんの あとの ちいさな じしん」などと教えたほうが良さそうです。したがって、正解は3ということになります。

 


 

問4 4

1、言い換えると「がっこうの おおきな にわ」

2、言い換えると「たっている ところに あながあく」

3、言い換えると「ひを けす あかい どうぐ」

4、言い換えると「みずを もらえる ところ」

となります。しかし、4の災害の場所をイメージすると「みずを もらえる ところ」が具体的にどこにあるか(=付随情報)も提供されないと、具体的な問題解決には不十分です。

 


 

問5 2

問題にあるように「支援者が現地の方言が分からず医療活動に支障を来す」ということなので、現地の患者(=被災者)の言葉だとわかります。よって、正解は選択肢2か4のどちらかです。さて、依頼表現とオノマトペ。両方とも災害時にはよく聞きそうですが、どちらの方言を医療活動従事者に対してより多く使うでしょうか。日本語はオノマトペが多いのも特徴の1つです(外国人の多くはその多くの表現方法に感心するようです)。やはり、症状を伝えるのに多く用いるのもオノマトペではないかと推測できます。したがって、正解は2ということになります。

 


 

問題14

問1 1

まず、基本ですので「敬語」についてまとめてみましょう。

1、尊敬語(行かれる・お聞きになる・ご活躍される・行動なさる等)

例:お客様がキャバ嬢に大金をお渡しになる。

2、謙譲語Ⅰ(ご案内する・申し上げる・存じ上げる・お渡しする)

例:キャバ嬢がお客様に脱ぎたてのホカホカヒモパンをお渡しする。

3、謙譲語Ⅱ(いたす・申す・存じる・まいる)

例:「私は店長に顧客データを提出いたします」

4、丁寧語(です・ます・ございます)

5、美化語(お茶・お菓子)

例:「わかった。詳しいことはお茶でもしながら聞きましょう」

1尊敬語は「~が」を高く扱うので「お客様」を高く扱っています。2謙譲語Ⅰは「~に(を)」を高く扱うので、やはり「お客様」を高く扱っています。この尊敬語と謙譲語Ⅰは、動作をする人、される人への敬語なので「話題敬語(または素材敬語)」と言われています。

3謙譲語Ⅱは動作の主体を低めるので、聞き手に対する敬意を表しています。4丁寧語は「です・ます・ございます」など、やはり聞き手に対する敬意を表しています。この謙譲Ⅱ語(丁重語とも)と丁寧語は「対者敬語(または対話敬語)」と呼ばれています。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問2 4

謙譲1は動作をする人・される人に対する敬語ですが、4は自然現象なので、動作をする人・される人という関係にありません。聞き手に対する敬意を表す謙譲語Ⅱ(丁重語)です。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問3 2

選択肢2の「郵便局や銀行での会話」と「商店やデパートでの会話」のスタイルが変わるとは思えません。したがって、正解は2ということになります。

 


 

問4 4

問題文にある「おっしゃります」は、イ音便の「おっしゃいます」が正しいので、正解は4ということになります。

 


 

問5 1

話し手と佐藤部長の関係は、同じ敬語「いらっしゃる」を使っているので、変わりません。

「いらっしゃるそうです」という丁寧体が「いらっしゃるそうだ」と普通体になり、「よ」と人に対するモダリティがついて話し手と聞き手の関係が変わっています。「いらっしゃるそうです」の話し手は部下で聞き手は課長、「いらっしゃるそうだよ」の話し手は課長で聞き手は部下など。したがって、正解は1ということになります。

 


 

問題15

問1 1

日本政府観光局(JNTO)のデータによると訪日外国数のトップ3は、中国・韓国・台湾です。したがって、正解は1ということになります。

 


 

問2 4

インドネシア語ということで混乱する必要はありません。過去時制を表す動詞の語形変化がないのは中国です。2か4の2択になります。そして、韓国・朝鮮語は日本語と文法が似ているので過去時制を表す動詞の語形変化はあります。したがって、正解は4ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成26年度試験Ⅲに突入したわね!
パンダくん
試験時間は120分!集中力が続くかなぁ。。。?
ウサギ君
うん!ラストには記述式があるから、体力を温存しておかないとね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です