【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】㉕

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問を解いて、試験合格を目指しましょう!ブヒー!
パンダくん
うん!日本語教師になって世界中のかわいこちゃんに日本語を教えるゾ!
ウサギ君
パンダくん……動機が不純すぎるよ!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問題12

問1 3

日本語の会話の特徴は、話者全体で一つの発話を作り上げる「共同発話」だと言われています。一方、英語など多くの言語では、相手が言い終わってから自分の順番(ターン)が来るという「話者交代の規則」に忠実です。

1、XとYの会話は「関連性の公理」に違反していません。

2、XとYの会話は「話者交代の規則」に違反しているわけではありません。

3、XとYの会話は「共同発話」の特徴です。

4、制度的談話(制度的会話)とは「教室談話や裁判の審理など、制度的な場面での談話のことで、誰がいつ話すのか決まっている場合が多い、どのような発話をするのか決まっている場合が多い、達成すべき課題がある場合が多い」などの特徴があります。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問2 1

日本語教育能力検定試験において「日本語の特質=高コンテクスト」は基本中の基本、超重要キーワードです。出題頻度が高いので確実に抑えておきましょう。

高コンテクスト(制限コード)・コミュニケーションとは、言葉でハッキリと表現せずに多くの情報が環境や状況に依存していて、共有知識による察しが期待されています。特に日本語が代表的で相づちなどの聞き手行動が重要です。また、日本は恥の文化といい「世間様に恥ずかしくないように生きる」と言う特徴があります。欧米は逆に伝えるべき内容をできるかぎり正確に言葉で表現する低コンテクスト(精密コード)文化であり、「罪を犯した人間は罪を告白することによって重荷をおろすことができる」という罪の文化です。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問3 3

1、明確化要求は「相手の発言が不明確なときに明確にするよう要求すること」で、聞き手行動の一種です。

2、割り込みは「現話者の発話の途中で聞き手が発話すること」です。聞き手行動の一種です。

3、ターンの保持は「話す順番を譲らないこと」です。ただの自己中です。

4、オーバーラップは「話し手と同時に発話すること」です。

用語が頭に入っていないと3か4で迷いそうですが、「聞き手行動=相づち、聞き返し、オーバーラップ、割り込み、フィードバックなど」とそっくりそのまま覚えておくと良いかもしれません。以上より、3ターンの保持は話し手の行動なので、正解は3ということになります。

 


 

問4 1

赤本に出てこなかったリペアですが、一般的な知識で推察すると「リペア=修復・修理・修繕」の意味(兄のおさがりをリペアして着ている等)になります。会話におけるリペアとは、発話の途中ですでに述べた発言を修復する行動をいいます。

1、「先週見ます」「見ます?」「あ、先週見ました」と修復しています。

2、聞き返していますが修復はされていません。

3、聞き返していますが修復はされていません。

4、明確化要求です。

したがって、1が正解ということになります。

 


 

問5 1

1、聞き手の役割に徹していたら「何も話すことがないのか」「話に参加しないってことは興味がないってことなのか」などと思われて不利な評価を受ける可能性があります。それにこのようなパターン・プラクティスでは、実際の会話で応用するのは難しいです。また、「徹する」という強硬的な表現が明らかに間違いであるという雰囲気を醸し出しています。

2、日本語は「そうですか」の音律によって意味が異なるので、学習者が不利な評価を得やすいと言えます。留意して指導しましょう。

3、適切なフィラー(あのー、えーと)や相づち(ええ、うんうん)は日本語の会話では重要です。それに「大変だね」「すごいですね」など相手に共感していることを示すのに効果的です。これらが適切に使えないと学習者が不利な評価を受けてしまいかねないので注意が必要です。

4、この「え?」と「は?」の与える印象の違いも学習者に不利な評価を与えかねないので注意が必要です。個人的には「は?」は相手に不快な印象を持たれると思うので用いていません。

したがって、1が正解ということになります。

 


 

問題13

問1 2

旧日本語能力試験の出題基準で採用されていた語彙と漢字の数は以下のとおりです。

旧試験 新試験
1級 漢字2,000・語彙10,000 N1 幅広い場面で使われる日本語を理解できる
2級 漢字1,000・語彙6,000 N2 日常的な日本語と、より幅広い場面で使われる日本語を理解できる
    N3 日常的な場面で使われる日本語をある程度理解できる
3級 漢字300・語彙1500 N4 基本的な日本語を理解できる
4級 漢字100・語彙800 N5 基本的な日本語をある程度理解できる

1、旧4級は漢字100・語彙500なので簡単なトラップですね。

2、まさに旧3級の数値です。

3、旧2.5級ですね((´∀`))ケラケラ

4、旧2級の数値です。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問2 2

どちらの表現が簡単か、という観点から解くことができます。

1、「揺れる」という動詞が「揺れ」と名詞化してしまっているので、反対に難しくなっています。

2、「使える」は「使う」の可能動詞形からきている言葉なので、応用です。「使う」と「できる」の両方の基本的な情報を含んだ「使うことができる」の方が簡単です。

3、「できる」を二重否定しているので、これはとても難しくなっています。

4、「〜しましょう」には勧誘の意味もあるので、「〜してください」のほうがわかりやすいと言えそうです。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成26年度試験Ⅲに突入したわね!
パンダくん
試験時間は120分!集中力が続くかなぁ。。。?
ウサギ君
うん!ラストには記述式があるから、体力を温存しておかないとね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です