【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】㉔

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問をがんばって解いていくわよ!ブヒー!
パンダくん
うん!栄光へ向かってダッシュでゴーだ!
ウサギ君
よっしゃー!僕のホンキを見せちゃうぞ~!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問3 4

例年、【学習ストラテジー】はほぼ必ず出題される超重要キーワードなので、必ず押さえておきましょう。まず、【学習ストラテジー】は以下の2つに大別されます。

1、言語学習ストラテジー(言語学習に用いる)

2、コミュニケーションストラテジー

(身振り・パラフレーズ・回避・話題転換・言語交換・リペアなど)

さらに、1の言語学習ストラテジーは「直接ストラテジー」と「間接ストラテジー」に分かれ、さらに以下の6種類に分けられます(オックスフォードの分類。オマリーとシャモ―はこれを①認知・②メタ認知・③社会情意的ストラテジーに分類している)。

【直接ストラテジー(学習に直接関わるストラテジー)】

① 記憶ストラテジー(語彙や文法を覚える手段)

例:年号を語呂合わせで覚える。具体的なイメージでキーワードを覚える。

日本語と母語の似ている部分を結びつけて覚える。

② 認知ストラテジー(学習する方法)

例:メモを取る。重要な語に線を引く。知らない語を辞書で調べる。

③ 補償ストラテジー(言語知識の不足を補う手段)

例:未習語の意味を文脈から推測。身振りや手ぶりを用いる。

【間接ストラテジー(学習を間接的に支え、習得のための条件を整える)】

④ メタ認知ストラテジー(学習を管理する手段)

例:目標を決めて授業にのぞむ。予習して授業にのぞむ。

学習目標と達成期限を設定する。

効果的な勉強法や教材に関する情報を収集する。

スピーチ本番の前に録音して、出来をチェックする。

書いた文章を自分で読み返して、間違いを修正する(復習)。

⑤ 情意ストラテジー(情緒や態度を調整する手段)

例:自分を褒める。クラシック音楽を聞いてリラックスする。

⑥ 社会的ストラテジー(学習に関して他者と関わる)

例…分からないところを先生や友達に尋ねる。

成績の良い同級生からアドバイスをもらう。聞き手の反応に配慮する。

日本語だけでなく日本の社会や文化についても吸収するよう努力する。

さて、選択肢に戻りましょう。

1、聞き取った内容を相手に確認しているので、社会的ストラテジーです。

2、自分を褒めている(肯定的な評価)ので、情意ストラテジーです。

3、日本語と母語を対照し、類似点・相違点を分析する学習方法なので、認知ストラテジーです。

4、エラーの原因を考え、なくすように学習を管理しているので、メタ認知ストラテジーです。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問4 2

1、エンパワーメントとは「自信を与えること・力をつけてやること・自己決定する力の獲得、社会を変えようという意欲を持たせること・本来持っている生きる力を湧き出させること」などです。外国人住民の増加に伴い、社会面・文化面・教育面などで自己決定する力の獲得が求められています。

2、ラポールとは「二人の間にある絆・信頼関係」のことです。余談ですが、紳士が嗜む大人のためのプレイ(通称S&M)にはラポールが最重要と言う話です。信頼関係があるからこそお互いにプレイを楽しめるのであって、Sが一方的に調教したらそれはイジメや拷問になってしまいます。そして、本来「Sが主でMが従」というのが定説ですが、本質は「MがSをコントロールして操っている」という話です。なぜなら、絶対的にMの数が不足しているので、実は御主人様はMに細心の注意を払い、満足するように気を使っているのだそうです。

3、シンパシーは「共感」の意味です。上記の脱線気味の説明を読んで共感を得た方、それこそがシンパシーですよ。ようこそ。貴方が知らない新しい世界へ。

4、フォロワーシップとは「リーダーを補佐する能力」です。主にビジネスで用いられますが、社会の一般常識としてボンヤリとでも把握しておきたいですね。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問5 3

アサーティブ・コミュニケーションとは「自他ともに尊重しつつ、互いに意見を述べ合うこと」です。赤本には出てきませんが、驚かなくても大丈夫です。日本語教育能力検定試験では、あえて難しい未習の専門用語を問題にからめることが多々ありますが、この問題のように「異なる意見を持つ相手に対して~自分の考えを伝える」ことをアサーティブ・コミュニケーションというが……と説明しています。落ち着いて答えていきましょう。どうどう。

1、「建設的な解決方法」は一般的に良しとされています。夫婦ゲンカでも重要ですね。

2、「あなたは~」と自分のことばかり責められていたら、離婚したくなりますね。

3、「異なる意見を持つ相手」に対して自分の考えを伝えるには「はい」「いいえ」で答えられる質問形式だけでは不十分です。「不倫したでしょ」「じゃあ、浮気したでしょ」「でも、ちょっとその気になったでしょ」「さっき、あの子と目で会話してたでしょ」「YESかNOで答えて」……ははは、うんざりですね(トラウマ)。

4、「浮気したでしょ」「キミの気持ちはよく分かるよ。でも、そんなわけないじゃないか」「えっ」「だって、ホラ!こんなにも君を愛してる」『YES!フォーリンラブ!』……アサーティブ・コミュニケーションは異なる考えの相手に共感を示したうえで自分の意見を伝えます。夫婦間も異文化コミュニケーションです。生物学的にも思考的にも女性と男性は異なります。育ってきた環境だって違うのですから。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成26年度試験Ⅲに突入したわね!
パンダくん
試験時間は120分!集中力が続くかなぁ。。。?
ウサギ君
うん!ラストには記述式があるから、体力を温存しておかないとね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です