【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】㉓

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問よ!ブヒー!
パンダくん
はい!がんばります!
ウサギ君
うん!はりきって行こうー!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問2 3

また、知らない用語が出てきました。しかし、私はコロケーションとは「風邪」といえば「引く」のように「ある単語と単語のよく使われる組み合わせ、自然な語のつながりのこと」ということを知っていました。

しかし、このコロケーションという言葉を知らなかったときは、質問文にある下線部Bの前後から推察します。文頭に「発話の際には語を思い出して文を作る」とあります。4つの選択肢のうち、実際に片方の語を忘れて出てこない様子を思い浮かべましょう。

1、「歩く」を忘れている→「早く」「~に向かって」「~と」など色々考えられる。

2、「ない」を忘れている→「たい」「ようか」「なさい」など色々考えられる。

3、「引く」を忘れている→「ひく・こじらす」などよく使われる組み合わせが思い出される。

4、「ところ」を忘れている→「広い」「空気のキレイな」「のんびりした」など色々考えられる。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問3 2

チャンク(まとまり)とは、単語や文法などの細部にこだわらない、複数の語のまとまりのことで、出題頻度の高い重要なキーワードです。人がワーキングメモリに一度に保持できる量の単位の事で、平均的に7前後(個人差でプラスマイナス2程度)である事から「マジカルナンバー7±2」とも言われています。そしてチャンキングとは「複数の語をまとまりとして処理すること」「覚える対象をいくつかのかたまりに分けること」です。1つ1つの語が早く処理されることでも、派生語がまとめて思い出されることでも、関連する語が次々と思い出されるわけでもありません。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問4 1

例えば女性の名前「マキさん」を覚えるときも「ミキさん」「マキコさん」「ミキコさん」など、似ている名前を一緒に提示されると覚えづらいですよね。それに漢字の違い「真紀さん」「真希さん」「真樹さん」「麻紀さん」など類似性が高いので、どんな名前だったか分かりにくくなるという記憶の干渉が起こってしまいます。

ちなみに我々日本語教師も「ニャさん」「ニヤさん」「ニョさん」「ニィエさん」など様々な国籍の生徒さんを相手にするときも同様の現象が起こります。したがって、1が正解です。

 


 

問5 4

1、「きれいな人」は美しい人、センスの良い人、凛とした人などを表していますが、対して「汚い部屋」は汚れている部屋ではなく、散らかっている部屋を表しています。汚れている部屋を表現したいのであれば「不衛生な部屋」「不潔な部屋」です。そもそも、これは「きれいな」と「汚い」が完全な対義関係ではないということになります。

このこと(美しい⇔醜い、センスの良い⇔ダサい、凛とした⇔だらしのない、不衛生な⇔掃除の行き届いた、不潔な⇔清潔ななど)を学習者に理解させるのは難しく、「きれいな」と「汚い」を導入する場合には、それぞれの語の意味に合わせて異なる場面設定で表したほうがいいかもしれません。

2、グーグルの検索順位によると、「長い」の検索結果は約 153,000,000 件。対して「短い」の検索結果は約 66,100,000 件です。もちろん、試験会場でスマホやPCなどを使うことができないのですが「長い」のほうが「短い」よりも頻度が高そう(無標)だと想像することも重要です。

無標とは「単純で一般的なもの」で、有標とは「複雑で特殊なもの」です。無標なもの(単数形・肯定文・規則動詞)のほうが、有標なもの(複数形・否定文・不規則動詞)よりも習得は難しくないのです。この考えを「有標性差異仮説(エックマン)」と言います。

3、問4ように、類似性のある語を同時に覚えようとすると記憶の干渉が起こってしまいます。記憶の干渉を避ける一つの方法は、それぞれに別のイメージを植え付けることが必要です。「異なるものと組み合わせて導入」することによって、頭がゴチャゴチャ混乱するような「記憶の干渉」を未然に防ぐことができるかと思われます。

4、日本語と母語では似たような意味をもつ単語でも、使える範囲が全く同じとは限りません。4は明らかに間違いであることが分かると思います。

以上により、正解は明らかに異なる4ということになります。

 


 

問題11

問1 4

文化相対論では、ある文化の行動様式を他の文化の基準で判断せず、その文化の問題や機会などを考えて判断しなくてならないという「文化に優劣はない」が根本にあります。したがって、正解は4ということになります。

一方、自身の属する文化の価値を基準に「他文化を自分の文化と同じように判断すること」をエスノセントリズム(自文化中心主義)といいます。

 


 

問2 3

エポケーとは「一時的に判断留保すること」です。上記のエスノセントリズム(自文化中心主義)のようなステレオタイプ的な判断をしないためには、異文化と接した時の混乱状態(アノミー)に陥った際、エポケーすることによって「一時的に回避」するとよいと言われています。

1、同調という判断をしています。

2、自分の意見を述べるという判断をしています。

3、相手の言ったことを繰り返しているだけなので、判断しているわけではありません。このようにエポケーとは、相手の言うことを繰り返すなど「自分の気持を整理し、一時的に判断を留保する」ことでステレオ的な判断を避けています。

4、共感という判断をしています。

したがって、正解は3ということになります。

 

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成26年度試験Ⅲに突入したわね!
パンダくん
試験時間は120分!集中力が続くかなぁ。。。?
ウサギ君
うん!ラストには記述式があるから、体力を温存しておかないとね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です