【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】㉒

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も過去問を解いてブラッシュアップさせていきましょう!ブヒー!
パンダくん
うん!過去問を制する者は試験を制す!
ウサギ君
うん!繰り返し解くことで自然に身についていくよ!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問4 2

クラスの方針は「タスク先行型」なので、まずタスク(課題)をしている選択肢を選びます。

1、あとにペアで会話を作っている(課題)ので、タスクが先行していません。

2、先にペアで会話を作るというタスク(課題)をしているので、タスクが先行しています。

3、あとで音読している(課題)ので、タスクが先行していません。

4、あとに重要表現にアンダーラインを引いている(課題)のでタスクが先行していません。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問5 3

1、要件の終了が確認できたら会話を終了するというのは、待遇面で配慮のある丁寧な依頼とはいえません。依頼を受けてくれたのだからお礼を言うべきです。

2、実質的な内容「猫を預かって欲しいんです」から会話を初めるのは失礼で不自然です。「ちょっとお願いがあるんだけど……」「猫アレルギーとかある?」「前に猫好きって言ってたよね?」などの導入部を設けるのが自然です。

3、相手の反応を見つつ、言いさし等を含めた文末表現を選ぶのは、まさに日本語の特徴です。

4、日本人のあいづちを打つタイミングは、話し手が話している最中に打ったり、話し手の頭の動きに合わせて打ったりすることが特徴的です。相手の話が終わるまで反応を控えて、あいづちを打たないと「ちょっと?聞いてるの?」というように相手が不思議に思ってしまうので不自然です。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問題9

問1 1

1、われわれ日本語話者でも「知らない語・聞き取れない語」を耳にすることは頻繁にありますが、すべてを理解して会話しているわけではありません。このストラテジーを養成することは重要でしょう。

2、早口で難しい表現の含まれている聴解教材を聞くのに、予測や推測することは必要です。

3、早口で難しい表現の含まれている聴解教材と、明確に意味を理解することとは関係がありません。

4、知らない語があった場合は、聞き流さないで、その都度その語に注意を向けていると、ほかの情報も聞き漏らしてしまうので、適切ではありません。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問2 4

1、日本の学校の制服に対する討論(テキストから得た情報)を聞いて、この意見に自分が賛成できるかどうか考えるには、自分の既有知識(スキーマ)と関連づけて解釈する必要があります。(例:自分の国の制服と比較する等)

2、日本の食生活についての説明(テキストから得た情報)を、自分の国の食生活と比べながら、日本の食生活の特徴を理解するのは、自分の既有知識(スキーマ)と関連づけて解釈しています。

3、記憶の仕組みに関する話(テキストから得た情報)を聞いて、実際に自分が物事を忘れたときの経験と照らし合せながら分かりにくい部分を推測するのは、自分の既有知識と関連づけて解釈しています。

4、固定資産税という言葉がわからなかったので、「税」で終わる言葉は税金の種類と推測するというのは、テキストの言語処理をしているのであり、解釈をしているわけではありません。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問3 1

ボトムアップで聞く際に、下位レベル処理の失敗で、テキスト全体の理解ができなくなった例を選ぶ問題です。

知覚の段階で「びよういん」を「びょういん」と聞き間違えて、全体の話が分からなくなっている、1が正解ということになります。

 


 

問4 3

試験会場なので、実際に(心の中で)発音してみると、3の洗濯機は「せんたっき」とも発音しています。「せんたくき」と言う発音だと思い込んでいる生徒には聞き取れない場合があります。したがって、正解は3ということになります。

 


 

問5 1

1、シャドーイングは「次々と流れてくる音声を聴きながら発音すること」なので、意味内容の理解は重視されないため、自動化もされません。

2、シャドーイングは音声を聞き逃さないようにしながら、そのまま正確に発声します。この作業はワーキングメモリをフルに使うので、ワーキングメモリを鍛える効果があるとされています。

3、シャドーイングは聞いた文をそのまま発声するので、単音よりプロソディー(抑揚・音調・強勢・音長・リズム)に関して効果を発揮します。

4、シャドーイングは耳から入った音をそのまま口から吐き出すロボットのようなイメージです。いちいち意識していたら聞き逃してしまうので、音の知覚段階が自動化されるようになります。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問題10

問1 2

プライミング効果とは「先の刺激の処理が、後の刺激の処理に影響を及ぼすこと」です。日本語教育能力試験ではこのように見たことも効いたこともないような言葉が出現することが多々あります。しかし、これはある種のヒッカケですので落ち着いて解いていきましょう。

問題文の本文を見てみると「語の意味・文法・形・音韻」によって「ネットワーク化されて記憶に貯蔵」とあります。「ネットワーク化される」というのは「関連付けて覚える」ということと推察が可能です。したがって、「ネットワーク」という言葉に近い「関連する」が含まれている選択肢2が正解であると推測できます。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成26年度試験Ⅲに突入したわね!
パンダくん
試験時間は120分!集中力が続くかなぁ。。。?
ウサギ君
うん!ラストには記述式があるから、体力を温存しておかないとね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です