【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】㉑

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
過去問は大切よ!がんばりましょう!ブヒー!
パンダくん
そうだね!過去問を解いていると、毎年、頻出の重要ワードとかわかってくるよね!
ウサギ君
うんうん!本当に何回も繰り返して解くと、いつのまにか理解度が増しているよね!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

 

 

問3 3

各自の結果を比べて話し合う過程では、1の読解した内容の理解は促され、2の学んだ語句を運用する機会にもなり、4の多様な考え方を知ることができますが、場面による言葉の使い分けをする練習することは効果的ではないかと思われます。したがって、正解は3ということになります。

 


 

問4 4

1、自分の「ストレス度チェック項目」を作る前に、教師が身近な例を示せば参考になるので、個人作業がはかどるはずです。

2、個人のストレスについて気付くキッカケになるので、個人作業がはかどるはずです。

3、キーワードを板書して再確認することで、チェック項目作成に役立ち、個人作業がはかどるはずです。

4、音読練習させ発音が正しくできても、自分なりの「ストレス度チェック項目を作ること」には役立ちません。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問5 4

<資料2>(2)のチェック項目に含まれるもののなかで、初級終了レベルの学習者には、感情を表す表現「憂うつ」「おびえている」などの表現は難しいのではないでしょうか。したがって、正解は4ということになります。

 


 

問題7

問1 3

1、学習者同士がペアでコメントするうえで、難易度の高い表現や慣用句を使っているかはふさわしくありません。これは教師の仕事です。

2、これも1と同じように、学習者には「ふさわしい文体」がわからないので、教師の仕事です。

3、学習者らしさやオリジナリティーの評価は学習者同士でも可能です。「ペアでコメントする際に、注目させるポイント」として適当です。

4、文章の語彙や文型チェックは学習者には難しいでしょう。教師のするべきことです。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問2 2

実際に〈資料2〉に目を通してみましょう。タイトルは「学生時代に頑張ったこと」です。それに対して、冒頭に「学生時代に頑張ったことは〜」と出てくるので、最初に結論を述べています。そのあとに結論に対する具体的な記述があり、「全員が~困難に挑戦し乗り越えようとの思いが高まりました」とまとめに入っています。

したがって、2が正解ということになります。

 


 

問3 4

1、具体例は十分に入っているので、じゅうぶん印象に残ると思います。

2、エントリーシートなので、終助詞(ね・よ等)で感情を表すと不自然です。

3、体験に矛盾は生じていないと思います。

4、「自転車部の活動を通して、~深まって、~10人を連れて、~を行って、~女性だったので、~と会話し、心配でした」とあるように一文がとても長いので、読み手を意識して簡潔にすべきです。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問4 2

下線部Cの文は、上記のように一文が長すぎるせいで、何が対応しているのかわからなくなって主語と述語がねじれています。したがって、2が正解ということになります。

 


 

問5 1

邱(きゅう)さんは「思いが高めました」と書いていますが、正しくは「思いが高まりました」です。「高める」「高まる」の違いは「他動詞」「自動詞」の違いなので、動詞の自他を混同しています。1の日本語の動詞の自他と中国語の動詞の自他が、必ずしも対応するとは限りません。母語の動詞の形の違いから自他の区別を意識させることはできないので、正解は1ということになります。

 


 

問題8

問1 2

デパートで特定の商品の説明をしてもらうのに「待遇面で配慮のある適切な表現を用い、丁寧な依頼」をする必要はないので、正解は2ということになります。

 


 

問2 3

3の「〜してもよろしいですか」は丁寧な言い回しですが、依頼の表現ではありません。したがって、3が正解ということになります。

 


 

問3 1

授業方針は「既存の表現でタスクに臨ませた後、より適切な表現を学び、運用する「タスク先行型」の授業」で、目標は「提示されたコンテクストにおいて待遇面で配慮のある適切な表現を用い、丁寧に依頼ができる」です。問1に出てきた「旅行中に隣人にペットを預かってもらう」を例として、依頼のモデル会話に設定しましょう。

1、音声がないと表情や手振りなどの非言語行動から「登場人物が話している内容の推測」をしなければなりません。「登場人物が話している内容」はもちろん「丁寧に依頼するための適切な表現」です。

②の口パクの登場人物が何と言ったか話し合うことは、クイズみたいで楽しく、音声なしで動画を見ることの効果です。「丁寧に依頼するための適切な表現」を「表情や手振りなどの非言語行動」を「ヒント」にして話し合うのですから、授業の目標とも合致しています。

2、旅行中に隣人にペットを預かってもらうことの背景文化は関係ありません。

3、旅行中に隣人にペットを預かってもらう時の非言語情報(眉根を寄せた表情)は、自分が困っていてお願いを聴いてほしいというアピールです。非言語情報の授業ではないので、配慮ある表現を使って丁寧に依頼していることにはつながりません。

4、文型や表現の意味は、②の音声なしでは分かりません。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成26年度試験Ⅲに突入したわね!
パンダくん
試験時間は120分!集中力が続くかなぁ。。。?
ウサギ君
うん!ラストには記述式があるから、体力を温存しておかないとね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です