【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑯

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
過去問はホントありがたいわね!
パンダくん
うん!実際に過去に出題された情報をダイレクトに知ることができる!
ウサギ君
特に日本語教育能力検定試験みたいな「出題範囲が広い」試験で効果を発揮するよね!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

6番 a

「いそがしい」を「いしょがしい」と発音しています。「そ」と「し」の違いです。上の表を見てみると調音点が違うので、正解はaということになります。

 


 

7番 c

「ひろい」を「いろい」と発音していますので、子音が脱落しています。したがって、正解はcということになります。

 


 

8番 c

この音声は「うしろ」を「おしろ」と発音しています。先ほどのメモは子音のメモでしたが、母音のメモ(下記)を用います。すぐに書けますし母音は子音よりも出題される率が低いので、この問題を解いているときにササっと書いてしまいましょう。

《母音》

高  前舌         後舌

・・・・イ・・・・・・・・・ウ

・・・・・・・エ・・・(オ)

低・・・・・・・・ウ

*オのみが円唇で、ほかは非円唇。

上記のメモを見てみると、「ウ」と「オ」の違いは、唇のまるめと舌の高さです。したがって、正解はcということになります。

 


 

問題4

これからの問題は「問題の説明をしているうちに選択肢に目を通しておく」ということがポイントです。

 


 

1番

問1 d

文型指導の授業風景です。「暗くなりません」と「家に帰ります」→「暗くならないうちに、家に帰ります」と2つの文を1つにまとめる練習を行わせているので、dの結合練習が正解ということになります。

 

問2 b

タンさん(学習者)は「暗くなりませんうちに家に帰ります」というように「うちに」の前の動詞を普通形にすべきところを「丁寧形のまま使用」しています。したがって、正解はbということになります。

 


 

2番

問1 a

「ちょと紹介」「あー紹介」「のんびに勉強」「あーのんびに勉強」などと、同じ言葉を何度か繰り返しているので、aが正解ということになります。

 

問2 d

a、有声音:「サイズ」が「サイス」になっている。

b、ラ行音:「のんびり」が「のんびに」になっている。

c、長音:「ちょっと」が「ちょっとー」、「いじょう」が「いじょ」になっている。

d、拗音:特に拗音「ャ・ュ・ョ」の誤りは見当たりません。

よって、正解はdです。

 


 

3番

問1 c

音声は「佐々木さんはー」「空港にー」などと助詞を伸ばして極端に上げているので、正解はcということになります。

 

問2 a

教師は「空港」を「くうこお」や「くうこう」と発音して調音の発音が統一されていません。また、「ちょっと違いますね」などと否定的フィードバックをしていますし、前述のように(統一されていませんが)例を示しています。統一こそされていませんが、拍と手の叩き方は一致しています。したがって、正解はaということになります。

 


 

問題5

この問題も「問題の説明をしているうちに選択肢に目を通しておく」というポイントを意識して、事前に選択肢に目を通すことによって問題を解きやすくします。さらに、チャイムの後に「聴解教材の質問」がすぐ出てきます。この「聴解教材の質問」を確実に聴くことで答えを予測できる場合が多いので、聞き漏らさないようにしましょう。

 


 

1番

問1 c

チャイムの後にすぐに流れる聴解教材の質問「男の人と女の人が仕事の不満について話をしています。女の人は何が不満だと感じていますか」をキチンと聞いていれば、問1の答えはcであろうと予測できます。というのも、高コンテクスト文化である日本においては「不満があってもハッキリとそれを言葉にしない」という特徴があります。

この音声を実際に聞くと、女の人は「上司がねー」と「そのあとの不満」を省略しています。「(不満に関する)省略された情報から発話意図を推測する技能」が必要だろうな、とピンときますね。したがって、正解はcであることがわかると思います。

 

問2 b

略語「終電(=最終電車)」、取り立て助詞「だけ」「は」「さえ」、終助詞「さ」「ね」「な」

は使われているので必要な知識ですが、倒置文は使われていないので、正解はbということになります。

 


 

2番

問1 c

チャイムの後にすぐ流れる質問「人間関係に関する調査結果について話しています。話し手にとって予想通りだったのはどれですか」を聞くと、「話し手にとって予想通り」などという「答えが絞りにくそうな質問」なので「cが正解だろうな」と予測できます。

その後の音声を聞くと実際に「予想通りともいえる数字だったんですが」というセリフが出てくるものの、数字がどうだったのが予想通りだったのかは述べられていません。したがって、正解はcということになります。

 

問2 c

問題を見ると「この聴解素材に含まれる情報の範囲で出題できるのは、次のうちどれですか」とあります。「その場の空気を気にするかどうか」という調査の結果「大いに気にする」を選んだ人が「年代が上がるにつれて下がっている(20代で40%、30代で28%、40~50代)で20%弱」」ことがわかりますので、正解はcということになります。

 


 

3番

問1 a

チャイムの後にすぐ流れる質問「女の人と男の人が話しています。女の人はことあとどうしますか」を聞くだけでは、本問は答えを予測できません。しかし、「女の人はこのあとどうするか」に注意しながら音声を聞くと、問題を解くために重要な会話表現は「先行ってて」「俺の持ってっといて」であることが分かると思います。したがって、aが正解ということになります。

 

問2 c

音声の問の選択肢で「教室」「体育館」という新出の言葉がいきなり選択肢で出てきます。これでは問題になりません。したがって、正解はcということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成26年度も試験Ⅱ、聴解問題よ!
パンダくん
よーし、冷静に聞いていこう!
ウサギ君
うん!聴解は何度も何度も繰り返して解かないとね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です