【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑮

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
過去問は試験合格への道は「過去問を繰り返し解くこと」が重要よ!
パンダくん
そうだよね!過去問は言わば「攻略本」みたいなものだからね!
ウサギ君
よっしゃ!がんばるんば!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

6番 b

音声の「ミナミアフリカの」の「ミ」「ア」「リ」がそれぞれ強く感じられるので、3か所にアクセントの滝を見つけることができます。したがって、正解はbということになります。

 


 

問題2

例年、試験Ⅱの問題2は「プロソディーに関する学習者の発音上の問題点」です。個人的には分かりやすい問題だと思うので、確実に点を取っていきたいところです。

 


 

1番 b

「ちょっと↑」「お願いがあるんですが↑」と、本来であれば上げる必要のない句末・文末イントネーションを上げてしまっているので、正解はbということになります。

 


 

2番 d

音声は「晩御飯はいつも何を作りますか?」と聞かれているので、本来は「タイ料理を」という新情報にプロミネンスを置かなければならないのに、「いつも」という既出の旧情報にもプロミネンスを置いています。よくある誤用ですね。

したがって、正解はdということになります。

 


 

3番 d

音声は「りょこう」と3拍で発音すべきものを「りょこ」と2拍で発音しています。更に「よくしますが↑」と、本来は上げるべきでない文末イントネーションをも上げてしまっています。

したがって、正解はdということになります。

 


 

4番 c

音声は「して」と2拍で発音すべきを「しって」と3拍で発音しています。拍の長さの誤用です。更に「して」は「低・高」というべきところを「高・低」と言っていて、アクセントもおかしいので注意が必要です。

したがって、正解はcということになります。

 


 

5番 a

音声の「あけてみて」はアクセントがおかしいです。したがって、正解はaということになります。

 


 

6番 d

音声は「どんな鳥ですか?」と聞かれているので「青い羽の」にプロミネンスを置くべきところを「青い」だけにプロミネンスを置いています。

したがって、dが正解ということになります。

 


 

問題3

こちらも例年通り、口腔断面図と調音点・調音法・声帯振動などからの4択です。口腔断面図は、自分で実際に(小さな声で)発音してみて舌の位置から選択肢を選ぶと良いでしょう。なお、口腔断面図の読み方として、①口腔の閉鎖、②鼻腔への通路の閉鎖がポイントとなります。

口腔の閉鎖 鼻腔への通路
鼻音 閉鎖 開いている
破裂音・破擦音 閉鎖 閉じている
摩擦音 狭い 閉じている

 


 

1番 c

音声は「つかっています」を「ちゅかっています」と発音しているので、[ts]無声歯茎破擦音が、[ ʨ / ʧ ]無声歯茎硬口蓋破擦音になっています。実際に口の中で「ちゅ」を作ると、盛り上がった舌が歯茎硬口蓋に完全についています。aもbも除外します。dも舌が口蓋に付いていないですし、歯茎硬口蓋というよりは硬口蓋に近いですね。したがって、正解はdということになります。

 


 

2番 a

音声は「よろしく」を「じょろしく」と発音しています。[ j ]有声硬口蓋半母音が、[ʥ/ʤ]有声歯茎硬口蓋破擦音になっています。実際に「じょ」を口の中で作ってみると、盛り上がった舌が歯茎硬口蓋についています。bは歯茎ですし、cとdは口蓋についてもなく、調音点もことなるので、正解はaということになります。

 


 

3番 b

音声は「れんしゅう」を「でんしゅう」と発音しています。[ ɾ / r ]有声歯茎弾き音が、[d]有声歯茎破裂音になっています。実際に「で」を口の中でつくると、舌先が歯茎についているので、bかcですが、破裂音の鼻腔への通路は閉じているはずです。aは弾き音のような形ですしdは調音点が違います。したがって、正解はbということになります。

 


 

4番 b

後半は「調音点」「調音法」「声帯振動」「舌の高さ」「舌の前後」などです。実際に下記のようにメモを取っておくといいかもしれません。メモを書いておくタイミングは「試験Ⅱの問題の解説が流れている時間などです。

両唇 歯茎 歯茎硬口蓋 硬口蓋 軟口蓋 声門
摩擦音 フɸ サスセソs

ザズゼゾz

シɕ

ジʑ

ヒç ハヘホh
破擦音 ザズゼゾʣ

ツʦ

ジʥ

チʨ

破裂音 パp

バb

タテトt

ダデドd

カk

ガɡ

鼻音 マm ナヌネノn ニɲ カ゜ŋ

(鼻濁音)

弾き音 ラɽr
半母音 ヤj ワɰw

上記が音声記号表ですが、これを簡略化したものをメモとして用います。

リョーシン シケー シケコー コーコー ナンコー セーモン
マサツ サスセソ

ザズゼゾ

ハヘホ
ハサツ ザズゼゾ

ハレツ

タテト

ダデド

ビオン ナヌネノ カ゜

(鼻濁音)

ハジキ
ハンボ

*カ・サ・タ・ハ・パ行=無声音

*フパバマ・リョーシンで確認。

*サタナラ・シケ―で確認。

*ヒヤ・コーコーで確認。

*カガワ・ナンコーで確認。

*ハヘホ・セーモンで確認。

それでは実際に解いていきましょう。

4番は「はっさい」を「はっつぁい」と発音急いているので、「さ」と「つ」の違いです。上の表を見てみると、調音法の間違いであることがわかると思います。したがって、正解はbということなります。

 


 

5番 c

音声は「おすし」を「おずし」と発音しています。濁音の有無は「有声と無声」の対立です。音声は無声「す」が有声「ず」になっているので、声帯振動の誤りです。「濁音の有無が出題されたら声帯振動」と覚えておきましょう。したがって、正解はcということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成26年度も試験Ⅱ、聴解問題よ!
パンダくん
よーし、冷静に聞いていこう!
ウサギ君
うん!聴解は何度も何度も繰り返して解かないとね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です