【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑭

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
過去問は試験合格への攻略本よ!今日も気合入れていくわよ!
パンダくん
アイアイサー!過去問を制する者は試験を制す!
ウサギ君
うん!パンダくん、一緒にガンバっていこうね!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

 

問5 2

BJTビジネス日本語能力テストは、ビジネスに必要な能力として情報処理能力が求められるので、正解は2ということになります。

 


 

問題15

問1 4

赤本(日本語教育能力検定試験・完全攻略ガイド第3版ByヒューマンアカデミーP360)によると、2012年時点で、海外の日本語学習者398万人、日本語教育機関は16,000機関、教師は60,000人強です。したがって、正解は4ということになります。

 


 

問2 1

赤本(日本語教育能力検定試験・完全攻略ガイド第3版ByヒューマンアカデミーP362)によると、2012年時点で、1位中国、2位インドネシア、3位韓国だそうです。したがって、正解は1ということになります。

 


 

問3 3

上記の赤本同ページ(P360)のコラムに、「最近の日本語学習者に関して注目すべき現象は、日本の漫画やアニメ、ゲームをはじめ~日本のポップカルチャーへの興味から日本語学習を始めるケースが多くみられる」とあります。

しかし、ニュースや「YOUは何しに日本へ?」などの番組を見ても、選択肢3の理由で日本語を学ぼうとする人々は多いですよね。最近ではK-POPが好きだから韓国語を勉強する日本人女性も多いようです。したがって、正解は3ということになります。

 


 

問4 2

それぞれのウェブサイトを見て特質を掴んでからテストに臨みたいですが、もし内容を知らなかった場合は、ヒントを頼りに消去法で選ぶよりほかにありません。

1、「みんなの教材サイト」の「みんな」はひらがなになっていて児童向けな気がします。しかし、4つの選択肢のうち、通常カタカナで表記されているはずのカスタネットが「かすたねっと」が相応しいような気がします。

2、「NIHONGO eな」の「NIHONGO」アルファベット表記が多言語=さまざまな国籍の日本語学習者を意識していそうです。

3、中等教育機関で学ぶ学習者向けにしては「かすたねっと」という表記は幼稚な印象を受けます。

4、「同声同気」のサイト名はどこか中国的な雰囲気を醸し出しています。ちなみに「有声・無声」の対立は日本語の特徴、「有気・無気」の対立は中国語の特徴です。

したがって、もし内容を知らなかった場合は、違和感のある1,3,4を除いて、消去法で選択肢2を選ぶようにします。

 


 

問5 3

この問題も消去法式で考えていきたいと思います。

1、アフリカに日本語教育機関はケニアが中心だそうですが、学習者は1700名ほどだそうです。300人も派遣しなくてよさそうですし、言語教育よりもまず、難民問題や食料物資、ワクチンなどの方が優先的な気がします。

2、今後10年間で100か国以上に大学を設置……できたら良いですが、そのような話を聞いたことがありませんし、海外では教師不足・教材不足がまず先行しています。

3、日本語パートナーズ派遣プログラムでは、ASEAN諸国に「日本語教育・学習活動に協力する人材を3,000人以上派遣」を提言しています。

4、海外では教師・教材不足なのに、この問題が解決される前に学習者を増やすのは適切でない気がします。

ちなみに国内では、2008年の「留学生30万人計画」の数字を覚えておくといいかもしれません。この計画のもとになったのはグローバル30で、国際化拠点大学を30校選定する構想でしたが、実際に採用されたのは13校です。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

<試験Ⅱ>

問題1

例年、アクセントのカタチを問われる試験Ⅱの問題1では「アクセントの滝」を発見できるかと「実際に唱えるように囁いてみる」というストラテジーが重要です。「アクセントの滝」とは「高→低」になる箇所のことで、「最後の高が強めに聞こえる」という特徴があります。それでは、実際に問題を解いてみましょう。

 


 

1番 d

インドの「ド」に強さが感じられるので「アクセントの滝」があるのが分かると思います。したがって、正解はdということになります。

 


 

2番 d

まず、ヤスミの「ス」に強さが感じられてアクセントの滝を発見できるので、候補はcかdです。しかし、2回目の音声を聞いてみると、ヤスミノ「ヒニ」の「ヒ」からすでに上がっているので、正解はdということになります。

 


 

3番 b

ちょっと、男性の声は聴きとりにくいのですが、小さく口の中で呪文を唱えるように囁くと、bが正解であるように聞こえます。

 


 

4番 a

1回目を聞いてみると、アンゼンの「ア」と「ン」の区別がつきにくいので、ベルトの方に意識を集中させます。すると、ベルトの「ル」にアクセントの滝が見えるので、aかdに選択肢を絞ります。2回目が始まる前に、口の中で呪文を唱えるように囁きます。すると、安全の「アン」が「高・低」になっていないことに気が付くので、正解はaということになります。

 


 

5番 c

音声のイロイロの「イロ」は両方とも同じアクセントで言われています。したがって、正解は「①②」と「③④」が同じ形の、cということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成26年度も試験Ⅱに突入したわね?
パンダくん
音声か~!聴解試験ってニガテなんだよね!
ウサギ君
うん!でも、聴解試験の「慣れ」だよ!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です