【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑫

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
過去問を解きまくること、それが合格への一番の近道よ!
パンダくん
うん!過去問は重要だよね!
ウサギ君
うん!今度こそ合格するぞー!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

 

問3 3

エンブレムとは、「首を縦に振る」が「はい」の意味を持つなど語彙の代用になるものです。

他には、親指と人差指で丸を作って、手のひらを上に向ければ「お金」、首を横に振れば「いいえ」、口の前に人差し指を立てて「静かに」などです。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問4 3

南米ではパーソナルスペースを近くとりますが、北米ではパーソナルスペースを広くとる傾向があります。そんな異文化の人々がコミュニケーションをとる際に、南米の人はパーソナルスペースを広くとる傾向がある北米の人を「冷たく」感じ、北米の人はパーソナルスペースを近くとる傾向がある南米の人を「馴れ馴れしい」と感じがちです。さて、日本人はどうでしょうか。

1、✕ 大抵の外国人の間でも広くとる人が多いような気がします。

2、✕ 大抵の日本人は同国人(日本人同士)でも広くとりますよね。

3、〇 はい。大抵の日本人はよく知らない人に対しては広くとりますが、親しい間の人でも広くとります。

4、✕ 知らない人との間では、もちろん広くとります。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問5 4

1、〇 タイでは、失礼にあたるので子供の頭に触れてはいけません。

2、〇 アラブ諸国では、靴底を相手に見せるのは最大のタブーです。

3、〇 ドイツでは、手の平を相手に見せて握手してはいけません。

4、✕ 国民の多くがイスラム教のインドネシアでは、イスラム教で「左手」が不浄の手とされているので、左手で物を渡してはいけません。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問題12

問1 1

1、リンガフランカ(共通言語)とは、非母語話者同士の共通言語です。アジア圏の新英語(シンガポールのシンガリッシュなど)が該当しがちです。

2、スラングとは隠語のことです。

3、スティグマとは、他者や社会手段によって個人に押し付けられた負の表象・烙印のことです。

4、ドメインとは、言語や方言の使用領域のことです。フィッシュマンは「①家庭、②友人関係、③宗教、④教育、⑤雇用関係」の5つのドメインを挙げて、多言語社会で選択される言語はドメインという変数によって決定されると主張しました。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問2 3

ピジンの特徴として不適当なものを選びましょう。ピジンは「複数の言語が接触してできた混成言語」のことです。文法が単純で語彙が少ないという特徴があります。語彙が少ないので一つの単語の意味範囲が広くなるのです。したがって、正解は3ということになります。

 


 

問3 3

1、バリエーション(言語変異)とは、機能や意味が同じで複数の異なる言語形式のことです 例:「ないです」と「ありません」。ちなみにバラエティ(言語変種)とは、標準語、方言、レジスター、スタイル(文体)など言語の変種のことです。

2、レジスター(言語使用域)とは、状況による言語変種のことです。

例:法律文、ベビートーク、ティーチャートーク、フォリナートークなど。

3、ダイグロシア(二言語併用社会)は、2つの言語あるいは言語変種が、機能や評価を異にしながら同時に使用されている状況のことです。社会的バイリンガリズムともよばれます。

4、ダブルスタンダートは、二重規範のことです。

威信の高い言語と低い言語が共存している状態は、まさにダイグロシアなので、3が正解ということになります。

 


 

問4 4

1、イマージョンとは、浸すこと。集中訓練のことです。イマージョン・プログラムとは「外国語の海に浸すこと」で、特別に指導しなくても外国語が習得できるプログラムです。

2、スピーチスタイルシフトとは、一つの場面において、普通体と丁寧体や、標準語と方言を、切り替え・混用することです。

3、アコモデーションは、相手に応じて話し方を変えることです。フォリナートーク、ベビートークなど。

4、コード・スイッチング は、言語を使い分けることです。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問5 2

《達成型バイリンガリズム》 

(継続バイリンガリズム)

子ども時代を過ぎてから二言語使用を開始するバイリンガリズム。

《獲得型バイリンガリズム》

子ども時代に二言語使用を開始するバイリンガリズム。下記の2種類がある。

同時バイリンガリズム=子どもが早い段階で同時期に二言語を習得。

連続バイリンガリズム=子どもがある言語を習得してから、第二言語を習得。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問題13

問1 4

接続詞、指示代名詞、取り立て詞の性別による違いは思いつきませんが、終助詞ならたくさん思いつきます。たとえば、男性の「だぜ」「だぞ」。女性の「わよ」「なの」「かしら」などです。したがって、正解は4ということになります。

 


 

問2 1

表現が見直された「性差を固定する表現」の例で有名なのは、看護婦が看護師に見直されたことなので、正解は1ということになります。病院にお勤めの看護師さんたちは従来のスカートからパンツスタイルにも変わりましたね。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成26年度過去問!手ごたえはどう?
パンダくん
難しいよ!でも、でも、がんばって続けるよ!
ウサギ君
うん!過去問は何回も解くことが重要だよ!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です