【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑤

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成26年度の過去問よ!はかどってる?
パンダくん
ムキ―!勉強しまくるぜー!
ウサギ君
パ、パンダくん!キャラクターチェンジしてるよ!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

(14) 1

1、前方照応と後方照応

《前方照応》=指示詞が前の対象語を照らしています。

例:僕はキャバクラ嬢と付き合っている。彼女はお金が大好物だ(「彼女」が前方の「キャバクラ嬢」を照らしています)。

《後方照応》=指示詞が後ろの対象語を照らしています。

例:僕が彼女のために新しく買ったプレゼントはこれ。ヴィトンの新作バッグです(「これ」が後方の「ヴィトンの新作バッグ」を照らしている)。

2、内の関係と外の関係

内の関係の名詞修飾(連体修飾)》

*修飾される名詞が修飾している節の一部であったと考えられるもの。

「昨夜訪れたラブホテル」←「〇ラブホテルに昨夜訪れた」

「キャバクラに行った金曜日」←「〇金曜日にキャバクラに行った」

「歌舞伎役者が行なった会見」←「〇会見を歌舞伎役者が行なった」

外の関係の名詞修飾(連体修飾)表現》

「キャバ嬢のおねだりする声」←「✕声はキャバ嬢がおねだりする」

3、現場指示と文脈指示

《現場指示》指す対象がその場所(現場)にあるもの。コ・ソ・ア・ド。

① 対象が話し手側に属する(話し手の領域にある)ものは「こ」。

例:このネックレス、とてもキミに似合うと思ったんだ。

② 対象が聞き手側に属する(聞き手の領域にある)ものは「そ」。

例:うれしい!そのネックレスはいくらしたの?

③ 対象がどちらにも属さないものは「あ」。

例:ふふっ。給料の3か月分さ。キミが欲しいっていうあのブランドのだよ。

《文脈指示》指す対象が目の前にはないもの。

① 会話中の指示詞(会話の中では、話し手と聞き手が存在)


A:ねえ、部長。今度のお誕生日ね。菜芽子、あそこのお店に行きたいなぁ。

B:いいだろう。私もアレが食べたいからなぁ。もちろんデザートは菜芽子だよ。


B:あのころは 毎日が楽しかったなあ。なぁ、菜芽子?

A:ええ。部長ったらその辺の公園で平気でアレを出すんですもの。


B:えーと……なんだっけ? あれは何て名前だったかなあ。あの公園。

A:あっ、青感公園ですね!周りのカップルに見られて興奮しましたね!


A:ねぇ、部長ぉ……例のあの件のなんですけど……。

B:ああ、あれな。もうちょっと待ってくれるか?


A:ねえ、今月ピンチなの……ペロペロするから3万円貸してくれる?

C:しょうがないな。オレもピンチなんだよ。1万ならいいよ。

A:わかった……でも、この話は誰にも言わないでね。


D:符輪部長!昨日、ラブホ街で手をつないでる菜芽子と貫田を見たんですよ。

B:え!なんだとぅ……それ、本当か?

D:本当ですよ!この目でちゃんと見ました!イチャイチャしてましたよ。


E:符輪部長。キミの部署に菜芽子という社員がおるね?

B:は、はい。陳珍社長……それが何か?

E:その菜芽子という社員ね。実は私の愛娘なんだ。キチンと教育してやってくれ。

B:え……えぇ。かしこまりました。モチロンです汗


F:知ってる? 経理部の菜芽子って、部長とできてるんだって!

C:そ、そんな話、信じられるかよ!

F:だって!昨日仕事帰りに、ラブホ街に向かう二人を見たんだもん。


C:くそぅ!それ(*1)マヂか!?

A:うん。この目でちゃんと見たよ。

C:(これ(*2)は大変だ……菜芽子に直に聞いてみないと!)

*1:話し手は、聞き手の情報を受けているので「そ」を使っています。

*2:通常であれば「そ」を使うところですが、話し手がこの話題を自分のものとして感じているため「こ」を用いています。


C:お、おい!菜芽子!話がある! オレの部署に宇和佐好世って女いるだろ?

A:あっ、貫田くん。どうしたの?

C:その(*1)宇和佐って女が、お前と部長をラブホ街で見たって言うんだよ!

A:えっ、そんなのウソに決まってるじゃん。その(*2)女と私、どっちを信じるの?

*1:話題を客観的に述べたいために「そ」を使っています。

*2:話し手は、聞き手の情報を受けているので「そ」を使っています。

② 文章中の指示詞(書き手・話し手は存在しますが、聞き手はその場所にはいない)

 

4、取り立てと並列

《取り立て助詞》

は・も・さえ・だけ等、文中にある要素に付いて、文の表面には書いていない何らかの情報を表している助詞。

《並列助詞》

と・か・や等、名詞と名詞の間を表している助詞です。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平気? けっこう日本語教育能力検定の勉強、難しいでしょ?
パンダくん
うん。。。もうやめたくなっちゃったよ!
ウサギ君
パンダくん諦めちゃダメだ!必ず道は拓かれる!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です