【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】④

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成26年度の過去問よ!分からないところはある?
パンダくん
いっぱいあるよ~!
ウサギ君
大丈夫!そのうち分かるようになるよ!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

(9) 1

1、客がキャバ嬢に自慢の武勇伝を語っているときに「分かりました、分かりました」と相づちを挟んでいたら「なんなんだ、このキャバ嬢は!オレの話を聞いてないのか!」と思い、帰ってしまいます。キャバ嬢失格です。

2、友人が「昨日指名したキャバ嬢とアフター行ったらさ!Dキスしちゃったよ!まっ、チップは高かったけどネ!」と興奮気味に話していたら、冷めた視線で「へぇー」と相づちを返しますね。

3、インテリぶっている客が「いかに自分の頭脳が優秀か」を自慢している時に、優秀なキャバ嬢であれば、客が満足するように「なるほどぉ~!すごぉい!」と的確な相づちを打ちますね。

4、席に着いた客にブランデーかウィスキーなどの酒を出し「今日も暑いですね(*´▽`*) お疲れ様です!」とお決まりの挨拶をした時に、客が「そんなに暑かったら、そのドレス脱いじゃおっか!でへへ!」と、やはりお決まりの反応を示したとき「そうですね」と不動のアルカイックスマイルで対応するのがプロのキャバ嬢ですね。

したがって、1が正解ということになります。

 


 

(10) 3

1、「今日さぁ……会社でさ……」と客が愚痴をこぼそうとしているときに、優秀なキャバ嬢であれば「……うんうん?」と、客の言いたいことを引き出そうとしますね。相づちは長いポーズの時によく現れます。

2、「今日さぁ……会社でさ……」と彼氏が電話で愚痴をこぼそうとしたときに、優しい彼女であれば「……うんうん?」と、彼氏の言いたいことを引き出そうとしますね。相づちは電話のように「相手の顔が見えない対話」でよく現れます。

3、例えば「モテたい男のためのタメになるセミナー(10個の必殺テクニックを伝授!)」という催しに参加し、モテたい男性たち500人と共に講師のレクチャーに耳を傾けているときに、熱心に「うんうん」と相づちを打つ人はいそうです。しかし、1・2・4の選択肢に比べれば圧倒的に現れなさそうです。

4、「部長が皆の前でどなりつけてくるんだよね」「……うん」「しかも、同期のAが笑いをこらえてるんだよ」「……ひどいよね」「女子社員たちもクスクスしてるし」「マジで?」「だからさ」「うん?」「会社、辞めて来ちゃったよ」「……ガガーリンッッ!!!」。このように意図的に区切りになっている部分ではよく現れます。

したがって、3が正解ということになります。

 


 

問題3-C

(11) 3

「(それは/その竹とんぼは)とても軽くて、よく飛んだ」と言うように、動作の主体、つまり主語が省略されています。したがって、正解は3ということになります。

 


 

(12) 1

1、結束性とは、文と文を関連づける仕組みをといいます。

2、一貫性とは、最初から最後まで矛盾がない状態であり、同じ態度を持続することです。

3、文法化とは、動詞・名詞といった内容を表す語が、助動詞・代名詞のような文法的機能を帯びるようになる意味変化のことを指します。

4、文脈化とは、語彙や文章の文脈における理解を意味しています。

したがって、正解は1ということになります。

実際の試験では「?」と混乱するような新しい言葉が登場することが頻繁にあります。その場合は漢字から意味を推察し、消去法を使うストラテジーが有効な場合があります。例えば私だったら、まず、漢字から推察し2と4を消去。次に「文と文を関連付ける仕組み」なので、2よりも1を優先しました。

 


 

(13) 3

1、1文目の「ペン」や「勉強の象徴」と、2文目の「彼女」が関連していません。

2、1文目の「アメリカの大学」や「勉強」と、2文目の彼女が関連していません。

3、1文目の「友達」と、2文目の「彼」は関連しています。

4、1文目の「黄色い車」と、2文目の「彼」は関連していません。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう?日本語教育能力検定は難しいでしょう?
パンダくん
うん!でも、難しいモノってやりがいがあるよね!
ウサギ君
うん!日本語教師になれる日を楽しみに!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です