【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】①

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日から平成26年度の過去問を解いていくわよ!
パンダくん
よーし、気合入れて行くぞー!
ウサギ君
アイアイサー!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

 

<試験Ⅰ>

 

問題1

(1) 1

例年、試験Ⅰの最初の問題は音声記号です。

1、[ç]無声硬口蓋摩擦音

2、[t]無声歯茎破裂音

3、[dz]有声歯茎破擦音

4、[ɾ]有声歯茎叩き音

5、[n]有声歯茎鼻音

したがって、正解は調音点の異なる1ということになります。

 


 

(2) 

音・訓の読み方を「重箱読み」、訓・音の読み方を「湯桶読み(ゆとうよみ)」といいます。

1、手袋(訓・訓です)

2、献立(音・訓です)

3、縁組(音・訓です)

4、菜箸(音・訓です)

5、茶柱(音・訓です)

したがって、正解は1ということになります。

 


 

(3) 

並列表現(並びつらねられた表現)における品詞の違いです。

1、歌 踊り

2、検査 尋問

3、観光 買い物

4、驚き 喜び

5、面談 会議

どれも品詞は名詞です。これを動詞に変えてみましょう。

1、✕歌する・歌る 〇踊る

2、〇検査する 〇尋問する

3、〇観光する 〇買い物する

4、〇驚く 〇喜ぶ

5、〇面談する 〇会議する

したがって、正解は1ということになります。

 


 

(4) 

逆説は前部分の反対の事を言うので、間に「だけど」を入れてみましょう。「しかし」でもOKです。

1、温泉がある。(だけど)訪れる人は少ない。

2、聞いてみます。(だけど)答えてもらえないと思う。

3、新入社員です。(だけど)これくらいは知っておくべきだ。

4、食中毒なのかなあ。(だけど) 変だね、彼だけが食中毒なんて。

5、あの番組は面白い。(だけど)出演者はいまひとつだ。

あれ? すべてに「だけど」を入れても違和感がありません。しかし、4だけ違和感がありますね。なぜなら選択肢4だけが「それにしても」が入り「それはそれとして認めるとしても」という前件を認めたうえで後件を述べているのです。

したがって、正解は選択肢4ということになります。

 


 

(5) 2

2以外の「って」は「は」で言い換えられますが、選択肢2の「って」は「という」と言う引用です。したがって、正解は2ということになります。

 


 

(6) 5

自動詞と他動詞の違いはシンプルに考えると「~を」と目的語を伴えるかどうかで決まります。自動詞「ドアが開く」、他動詞「ドアを開ける」。それでは複合動詞を2つに分けてから自他を考えてみましょう。

1、追う・出す(他・他です)

2、押す・開ける(他・他です)

3、盗む・見る(他・他です)

4、引く・当てる(他・他です)

5、立つ・上げる(自・他です)

したがって、正解は自動詞「立つ」を含んだ複合動詞の選択肢5ということになります。

 


 

(7) 3

ほかの選択肢は動作が行われている場所・空間を指していますが、3のみ動作の主体を表しています。

1、週末に運動会があるのは「小学校(場所)」です。

2、国際会議が開催されるのは「東京(場所)」です。

3、この事業に取り組んでいるのは「我が社(主体)」です。

4、この服装がブームになっているのは「若者たちの間(空間)です。

5、泳いではいけないのは「遊泳禁止区域(場所)」です。

したがって、選択肢3が正解ということになります。

 


 

(8) 1

1は人の言動をそのままにしておくという意味(放置)で、消極的な「ておく」であると言えますが、ほかの選択肢2・3・4・5は目的があって行う積極的な「ておく」です。したがって、選択肢1が正解ということになります。

 


 

(9) 4

受け身には直接受身と間接受身があり、1・2・3・5は他動詞の直接受身ですが、4だけが自動詞の間接受身です。

1、入学式を行った。

=他動詞の直接受身

2、失敗して(私を)笑った。

=他動詞の直接受身

3、10年前に建物を建てた。

=他動詞の直接受身

4、客が来た。

=自動詞の間接受身・迷惑の受身

5、上司が(私を)褒めた。

=他動詞の直接受身

したがって、4が正解ということになります。

 


 

(10) 5

「ている」と動詞の4分類のうち「ている」が付かず状態を表す<状態動詞:ある>、「ている」が付くのが当たり前の<第四の動詞:そびえる>は置いておいて、<瞬間動詞><継続動詞>の違いです。

1、卒業したという結果の状態を表しています。<瞬間動詞>

2、汚れたという結果の状態を表しています。<瞬間動詞>

3、入ったという結果の状態を表しています。<瞬間動詞>

4、開いたという結果の状態を表しています。<瞬間動詞>

5、勤めるという動作の進行を表しています。<継続動詞>

<瞬間動詞> 死ぬ→死んだ→死んでいる…のように「ている」が最後です。

<継続動詞> 走る→走っている→死んだ…のように「ている」が真ん中です。

したがって、正解は5ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成26年度の過去問スタートよ!準備はいい?
パンダくん
よっしゃ!はりきって行こう!
ウサギ君
うん!がんばるぞい!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です