【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】㉖

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成24年度の過去問の続きをやるわよ!ビシバシ行くわよ?
パンダくん
よーし、がんばるぞー!
ウサギ君
パンダくんには負けないゾ!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問4 2

母語の定義は、①最も頻繁に使う語で、②最も熟知している語で、③他人によって母語だと見なされている語で、④子供が家庭で自然に身につける言語です。ちなみに「母国語」は母語と異なり、母国で広く使われている言語を指します。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問5 1

カナダが母語継承教育を始めたのは、移住者の言語文化を言語資源・社会経済的資源と考え、グローバル人材作りに役立てるためです。また、英語とフランス語の2か国語が公用語とされており、フレンチイマ-ジョンという、教科の授業も第二言語(フランス語)で行われる教育が実施されています。イマ―ジョン教育とは少数言語(フランス語)の環境に多数言語話者(英語)を入れることで、多文化主義の考えが基本です。対して多数言語(日本語)の環境に少数言語話者(日系ブラジル人のポルトガル語話者)を入れるものはサブマージョンと呼ばれています。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問題16

問1 4

CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)は、言語学習を生涯学習と位置づけ、カリキュラムデザインや教材開発の際、同じ基準で議論するための枠組みであり、外国語教育のシラバスやテキスト、学習者の評価について共通の基準を示したものです。特定の言語を普及させるために開発された枠組みではありません。ELP(ヨーロッパ言語学習帳)が発展し、基盤には複言語主義(個人が生活状況に沿って複数の言語を使用することを目指す)があります。また、「~ができる(Can-do)」という能力奇術尺度も開発されています。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問2 1

前述ですが、おさらいです。

複言語主義

ある個人がその生活状況に沿って複数の言語を使用できることを目指すもの。個人の言語・文化に焦点を当てた考え方。

多言語主義

ある社会の中で複数の言語が使用されることを認めていくこと。社会における言語・文化についての考え方。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問3 1

JF日本語教育スタンダードの公式サイトに目を通していないと解けないかもしれません。上記によると、言語活動のカテゴリーには、受容、産出、やりとり、が含まれています。しかし、読み書きは含まれておりません。したがって、正解は1ということになります。

 


 

問4 2

こちらもJF日本語教育スタンダードに目を通していなければ難しいかもしれません。JF日本語教育スタンダードのパンフレットによれば、現代社会においては、言葉を通した相互理解のために、その言語を使って何がどのようにできるかという「課題遂行の能力」、および様々な文化に触れることでいかに視野を広げ他者の文化を理解し尊重するかという「異文化理解の能力」の2つが必要だと述べられています。したがって、正解は2ということになります。

 


 

問5 3

JF日本語教育スタンダードでは、

A1・A2を「熟達した言語使用者」

B1・B2を「自立した言語使用者」

C1・C2 を「基礎段階の言語使用者」

……という三段階に大きく分け、各段階がさらに細分化するとしています。したがって、正解は3ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
平成24年度の過去問はこれで終わりよ?どうだった?
パンダくん
うん……難しかったよ!でも、がんばって続けるよ!
ウサギ君
うん!過去問は何回も解けば慣れてくるよ!同じような問題が多く出題されるし!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です