【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】㉕

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成24年度の過去問の続きをやるわよ!分からないところはある?
パンダくん
うん、でも自分で考えてみるよ!
ウサギ君
パンダくん偉い!まずは自分で考えるって重要だよ!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問題13

問1 3

各選択肢のうち、もっとも共通語を使う可能性が高いのは、就職活動の面接で質問に答えるときです。選択肢1、2、4は方言を使う情景が思い浮かびます。したがって、正解は3ということになります。

 


 

問2 1

地方出身の人は自分の経験を、東京出身の人は地方出身の知人のことを、思い起こしてみると分かりやすいと思います。語彙や文法を共通語にするのは比較的簡単ですが、音声・アクセントは、ついつい方言が出てくる場合が多いです。したがって正解は1ということになります。

 


 

問3 3

1、昔からある方言のイメージです。

2、「丁寧」なイメージはないと思います。

3、これまでにはなかった方言のイメージです。

4、そもそも方言に都会的なイメージはないと思います。

したがって、正解は3ということになります。私も大学生の頃、大阪出身の友人の大阪弁を真似して怒られたことがあります。でも、東京出身の人からみると、方言って「おもしろい」「楽しい」イメージなのです。

 


 

問4 2

1、方言を聞き取ることができれば、使用は不可欠ではありません。方言しか話さない農村地域の人であっても、共通語を理解できるので、共通語を話せばいいのです。

2、そのとおりです。どちらかに限定して教えたらいけません。

3、決めつけてはいけないと思います。

4、決めつけてはいけないと思います。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問5 2

関西を思い出せば簡単に解ける問題です。大学生の頃、関西出身の友人は関西弁を使っていました。したがって、2が正解ということになります。

 


 

問題14

問1 1

中国からの帰国者(中国帰国者)とは、戦争で両親と生死別して取り残され中国人に育てられた中国残留孤児、家族と生死別し中国人の妻となった中国残留婦人、及びそれらの家族のことです。特徴として日本語が読めない高齢者が多いことが挙げられます。したがって、正解は1ということになります。

 


 

問2 2

中国帰国者定着促進センターでは、帰国者の言語行動の調査を行い、その結果に基づいて、『中国からの帰国者のための生活日本語』を作成しました。したがって、正解は2ということになります。もし、分からなかった場合は「消去法」が有効です。選択肢1の文法積み上げ式は時間がかかり不適切そうです。選択肢3の豊富な活動例を頭に入れるのは困難でしょう。したがって、正解は2か4に絞り揉めます。

 


 

問3 4

中国帰国者定着センターのホームページに具体的な内容が載っています。 日常生活に不可欠な行動達成力の養成とは、交通、消費生活、健康、銀行、PC等情報通信、仕事、学校、防災などです。主に生活や仕事に使えるもので、テレビニュースは含まれていません。したがって、正解は4ということになります。

 


 

問4 1

上記のホームページによると、日本の社会や暮らし、帰国者事情に関する基本的な知識の習得とは、地理、戦前戦後史、政治・経済、教育、冠婚葬祭、年中行事、異文化適応などです。残念ながら芸術文化は含まれておりません。したがって、正解は1ということになります。

 


 

問5 4

ダブル・リミテッドとは、二つの言語のいずれも、その年齢に相応の能力がついていないことを指します。したがって、正解は4ということになります。

 


 

問題15

問1 3

「日本語指導が必要な児童生徒の受入状況等に関する調査(平成 26 年度)」の結果によると、「日本語指導が必要な児童生徒」とは、「日本語で日常会話が十分にできない児童生徒」及び「日常会話ができても、学年相当の学習言語が不足し、学習活動への参加に支障が生じており、日本語指導が必要な児童生徒」です。つまり、BICS(生活言語能力)ができてもCALP(学習言語能力)が身についていない。もしくはBICS自体も不十分な児童生徒です。したがって、正解は3ということになります。

 


 

問2 2

1、補習校とは、普段の学校教育ではカバーしきれない内容を、特定の日に補習授業として行う学校のことです。

2、センター校方式とは、特定の学校に日本語学校を設け、近隣の学校からそこに通う方式です。ちなみに拠点校方式とは、日本語指導が必要な児童生徒を特定の学校に集中して在籍させる方式です。

3、イマージョンスクールとは、一般教科を外国語で学ぶ学校。

4、マグネットスクールとは、魅力的なカリキュラムを持つため広範囲から児童生徒を引きつける磁石(マグネット)のような学校。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問3 3

平成26年5月1日の文部科学省調査によると、

ポルトガル語 8,340人(28.6%)

中国語     6,410人(22.0%)

フィリピノ語 5,153人(17.6%)

スペイン語    3,576人(12.2%)

ベトナム語  1,215人

英語      777人

韓国・朝鮮語    614人

の順番です。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう?わからないところはある??
パンダくん
うん……でも、徐々にわかってきたような気がする!
ウサギ君
うん! がんばるんばっ!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です