【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】㉔

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成24年度の過去問の続きをやるわよ!準備はいい!?
パンダくん
イエス・マム!今日は気合入ってるぞー!
ウサギ君
おーし!やったるでー!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問2 3

1、スモール・トークとは、雑談(ちょっとした世間話)のことです。

2、最小対(ミニマル・ペア)とは、酒/sake/と竹/takeのように、1カ所の音素の違いによって意味の区別がある語のペアのことです。

3、隣接ペア(adjacency pair)とは、連続して起こる発話のやりとりの最小単位のことです。例:「おはよう」—「あ、おはよう」「今何時?」—「八時だよ」

隣接ペアは過去問に出やすいので、基本的な組み合わせをよく覚えておきましょう。

問い → 返答

挨拶 → 挨拶

招待・申し出 → 受諾・拒否

陳謝 → 軽減語

不服 → 謝罪

文句・不平 → 否定・詫び

要請 → 許可

情報の要請 → 情報の提供

4、ターン・テイキング(話者交替)とは、二者が交互に話すことです。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問3 2

丁寧な言葉はモーラ数が長いので、正解は2ということになります(おはよう→おはようございます)。1の目礼をする事も、3の挨拶を省略して本題に入ることも丁寧ではありませんし、そもそも4は丁寧と関係がありません。ちなみに芸能界・音楽業界などでは午後でも「おはようございます」といいます。これは夜の収録や舞台がある彼らにとって「朝と同じような気分であいさつする」ことでお互いに身を引き締め、シャンとした気分で仕事に臨むことができるからです。

 


 

問4 4

交感とは「互いに感じ合うこと、心が通じ合うこと」なので、正解は4ということになります。分からない言葉が出てきたときには試験会場でパニックにならないようにしましょう。例えば正解の「交感」という漢字を分解すれば「交」は交える、「感」は感情などの気持ちと見当をつけると「感情や気持ちを交えるニュアンスなのだな」と推測することができます。

 


 

問5 3

1、挨拶はレベルに関係なく重要です。また、「上級レベルでは必要はない」と断定しているものは怪しいのでスルーです。

2、文化の強要はいけませんし、「日本人の行動様式に合わせる」というのはかなり乱暴で身勝手な言い方です。スルーしましょう。

3、問題12の問1ででてきた単語が再び出てきました。「規範」とは行動や判断の基準・手本のことで、教師が指導するのはこの程度です。強制はいけません。その規範に関する知識を与えたうえで学習者に「どうふるまうか」を選択させましょう。

4、たしかに非言語による挨拶は個人差がありますが、非言語(ノンバーバル・コミュニケーション)による挨拶も重要であることには変わりありません。

したがって、正解は3ということになります。

 

【非言語的伝達手段(ノンバーバル・コミュニケーション)の区分】

《キネシクス(身体動作学)》

身振り・手振り・表情・視線(アイコンタクト)などの身体動作を研究。

《プロクセミックス(近接空間学)

会話相手との距離の取り方を研究。

《パラリングイスティクス(パラ言語学)》

声の出し方、その質などを研究。

 

【非言語行動の例】

《エンブレム》

首を縦に振ることが「はい」を意味する。

《イラストレーター》

大きさを手で「こーんなのだったよ!」などと表現する。

《アフェクトディスプレー》

怒った表情を作るなどして「怒っている」ことを相手に伝える。

《レギュレーター》

話に興味がないことを視線で示す。

《アダプター》

落ち着かないので貧乏ゆすりをする

 

【パラ言語学】

パラ言語とは、声の質、声の出し方、フィラー(えーと、あのー)など。フィラーや相づちはコミュニケーション・ストラテジーとも深い関係があるが、日本語「ええ」と英語「Yes」では相づちの意味合いが異なる。会話の中で適度かつ適切にフィラーや相づちを入れることで、円滑な会話が可能となる。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう?なかなか難しいでしょう??
パンダくん
うん……でも、興味も出てきたよ!
ウサギ君
うん!お互いに楽しんでいこうね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です