【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】㉓

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成24年度の過去問の続きをやるわよ!分からないところは手を上げて質問するよーに!
パンダくん
イエス・マム!アーユーレディー!?
ウサギ君
オーケー!カマン!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問3 2

1、逆です。新しい試みをためらわない人は、異文化にもためらわないので、適応しやすいと言われています。

2、一定の生活習慣パターンを維持しようとする人は、異なるパターン(異文化)に弱いので、不適応になりやすいです。柔軟性が関係しています。

3、物事に対して即座に反応する人は、異文化にも即座に反応できるので、適応しやすいと言えるでしょう。

4,他人の評価を恐れず自分の考えや気持ちを表現する人は、異文化でも自分を表現できるので、適応しやすいのです。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問4 4

リスガードは異文化適応の過程を以下のように捉えました。

1、ハネムーン期(期待)

全てのものが新しく楽観的に異文化に接することができる段階です。1週間程度の海外旅行でも体験します。景色、買い物、食べ物など、何もかもが楽しい段階です。

2、ショック期(焦燥・孤立感)

新しい文化に敵対心を持ち、異文化をステレオタイプ的に捉えがちになります。また、自分と同じ文化から来た人とのコミュニケーションも増える段階。

3、回復期

言語や周りの環境に慣れて、徐々に文化変容が見られる段階のことです。

4、安定期(適応)

ストレスや心配がなくなり、新しい習慣を受け入れて楽しめるようになります。

したがって、正解は4ということになります。

 

ちなみに、自国に戻った際にも同じ経緯をたどります。これを「リエントリーショック」

または「逆カルチャーショック」といい、異文化の方がよく見えてショックを受ける段階です。図式した場合に異文化段階(ハネムーン期・ショック期・回復期・安定期)はUの字カーブを描くので、これを「U字曲線(U字カーブ)」といい、帰国段階(ハネムーン期・ショック期・回復期・安定期)と合わせればWの字になるので「W字曲線(W字カーブ)」と言われています。

さらのKimはショックと安定を行き来しながら、時間経過に連れてショックの度合いが小さくなることを指摘し「らせん状図」提唱しました。

 


 

問5 1

1、異文化適応モデルを知っていると「誰もが経験する一時的なものだ」とリラックスして考えることができます。

2、カルチャーショックは個人的問題ではありません。周囲の環境に関わっています。。

3、異文化適応モデルを知っているからと言って、ギャップを感じなくなることはありません。

4、異文化適応モデルを知っていても、異文化の中でストレスやプレッシャーを感じることはありえるでしょう。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問題12

問1 1

敬語自体は問題ないけれど、「規範的」な立場から見て、不適切な使い方をしているものを選ぶ問題です。「規範」とは行動や判断の基準・手本のことです。「社会-」「 -に従う」など。

しかし、試験会場でわからない語が出てきたら漢字から推測して見当をつけます。「規」は定規・規格・基準・規則などで使われているので「なにかの手本になるようなものかなぁ?」など、「範」は師範・範囲などに使われているので「なにかの基本になるようなものかなぁ?などと推測します。普段使っている敬語シーンを想像してみて不適切なものを選びましょう。

1は、目上の人に対し「ご苦労」という言葉は使わないのが一般常識とされています。言うのであれば「お疲れ様でございました」ではないでしょうか。

2は、目上の人に対して「お話になられますか」と可能かどうかを聞くのは失礼にあたりますが、「お話になりますか」と行動するかどうかを聞いているので問題はないかと思われます。

3は、特に問題はないかと思われます。

4は、ビジネスシーンでは「とんでもないです」より「恐れ入ります」や「ありがとうございます。さらに精進して参ります」の方が適切なような気がしたので調べてみました。

 

【「とんでもない」の意味】

①全く思いがけない。常識では考えられない。意外だ。

②(相手を非難する気持ちを込めて)大変なことだ。もってのほかだ。

③(相手の伝えた事を強く否定する意味使う言葉として)滅相もない。全くそうではない。

 

【「とんでもない」の使用例】

「とんでもないことです」「(自分の提案などを褒められた時)とんでもないことでございます。ご検討いただけましたら幸いです」など。

*「とんでもない」は一語で形容詞なので「とんでもない」の「ない」の部分だけを「ございません」へ置き換える事はできないらしいです。

 

【「恐れ入ります」「恐縮に存じます」の使用例】

「恐れ入ります、今後ともよろしくお願いいたします」「身に余るお褒めの言葉をいただきまして、恐縮に存じます」など。

 

【「ありがとうございます」「光栄に存じます」の使用例】

「お気遣いいただき、ありがとうございます」「身に余るお褒めの言葉をいただきまして、大変光栄に存じます」など。

 

したがって、正解は選択肢1ということになります。このように消去法で4択を2択にしてより適切なものを選ぶ方式が良いでしょう。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう?わからないところはある??
パンダくん
うん……でも、徐々にわかってきたような気がする!
ウサギ君
うん! がんばるんばっ!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です