【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】㉒

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成24年度の過去問よ!準備はできてる!?
パンダくん
イエス・マム!絶好調さ!
ウサギ君
おし!いくぜ!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問5 3

学習者はアウトプットしようとするときに、自分が表現したいことと、現在の能力で表現できることのギャップに気づきます。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問題10

問1 3

認知ストラテジー

入ってくる情報に直接作用し、学習を促進するよう制御するストラテジーのことで、練習、分類、推測、要約などがあります。選択肢3。

メタ認知ストラテジー

学習者が学習を計画し、学習する内容がどのようなものであるかを観察(モニター)し、評価するストラテジーのことです。自らの認知作用をコントロールして認知の過程に働きかけます。選択肢1。

社会情意的ストラテジー

他者とのやり取り(インターアクション)や情意的要素を制御するストラテジーのことで、他者との協力、明確にするための質問などが含まれます。選択肢2。選択肢4。

 

まとめると、

1は、自らの学習を計画、モニターしているのでメタ認知ストラテジーです。

2は、他者に協力を求めているので、社会情意的ストラテジーです。

3は、「特定の課題を達成」することは学習を促進することを意味しており、「学習素材を学習者自身が操作」することは入ってくる情報を直接作用しています。よって認知ストラテジーです。

4は、自分を勇気づけたり不安を軽減させるのは情意的要素を制御していることを意味します。社会情意的ストラテジーです。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問2 4

1、言い換えは、コミュニケーション・ストラテジー(パラフレーズ)です。

2、聞き返すのは、コミュニケーション・ストラテジー(リペア)です。

3、文脈から推測するのは認知ストラテジー(オックスフォードの分類では補償ストラテジー)です。

4、事前に質問に目を通し読み取るべきことを知るのは、学習する内容がどのようなものであるかを観察(モニター)しているといえるので、メタ認知ストラテジーです。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問3 1

1、他者に協力を求めているので、社会情意的ストラテジーです。

2、ジェスチャーを使うのは、コミュニケーション・ストラテジーです。

3、知らない語があっても無視するのは、認知ストラテジーです(オックスフォードの分類では補償ストラテジー)。

4、モニターし、読み返すのはメタ認知ストラテジーです。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問4 1

1、読解においてトップダウン処理よりボトムアップ処理が大事だとは限りません。

2、未修語の意味を推測するのに何を手掛かりにしたかを話し合うことは、認知ストラテジー(オックスフォードの分類では補償ストラテジー)のトレーニングになります。

3、効果的なストラテジーを知り、自分がそれを使っているか確認することは、ストラテジー・トレニーングになります。

4、タイトル化やイラストから内容を予測させるのは、認知ストラテジーのトレーニングになります。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

問5 3

コミュニケーション・ストラテジーとは、コミュニケーション上の様々な障害を乗り越えるため使用する方略で、言語習得に有利に働きます。

1、コミュニケーション・ストラテジーでは、該当する言葉が分からないとき部分的に母語を使います(言語交換)ので、中間言語(目標言語でも母語でもない中間的な言語のことです。)に関する学習者の仮説検証に貢献し、言語習得に有利に働きます。

2、コミュニケーション・ストラテジーでは、言われたことがわからないとき、繰り返しを要求したり、わかった部分だけ自分で繰り返し相手に確認を求めます(リペア)。そうすることによって、理解できなかったインプットが理解可能になり、言語習得に有利に働きます。

3、わからない言語表現を避ける(回避)のも、コミュニケーション・ストラテジーのひとつですが、わからない表現を避けてばかりいては言語習得に有利に働きません。

4、コミュニケーション上の障害を乗り越えることで、意味交渉に参加する機会が増え、言語習得に有利に働きます。したがって、正解は3ということになります。

 


 

問題11

問1 3

1、シンガポールの人(英語・シンガリッシュ)がアメリカ(英語)に行った場合でも、カルチャーショックが生じる可能性はあります。

2、カルチャーショックは、年齢や性別とも関係します。

3、カルチャーショックは、外国だけではなく国内でも起きます。

4、カルチャーショックは、気候や風土など自然環境によっても生じます。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

問2 1

1、書かれてあるとおりです。

2、文化的・社会的要因、個人的要因から同程度の影響とは限りません。

3、個人的要因より、文化的・社会的要因の影響のほうが大きいとは限りません。場合によるでしょう。

4、文化的・社会的要因より、個人的要因の影響のほうが大きいとは限りません。これも場合によります。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう?わからないところはある??
パンダくん
うん……でも、徐々にわかってきたような気がする!
ウサギ君
うん! がんばるんばっ!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です