【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑳

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成24年度の過去問よ!はりきって行くわよ!
パンダくん
きゃ~!もうご勘弁を~!
ウサギ君
アタマが爆発しちゃう~!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

問4 4

1、資料2「増税」→資料3「不要な税制」と、言葉を分かりやすく言い換えています。

2、資料2では一方的に話していた→資料3では「大丈夫ですか」「皆さん、このタイトルに感心がありますか」など聞き手に問いかけ、理解確認をするようになった。

3、資料2では文末を名詞で終わらせ「〜だね」など発表にふさわしくないスタイルが見られた→資料3では改まったスピーチスタイルで話せるようになった。

4、資料3では、新しい情報はありません。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問5 2

あらかじめ提示していた学習目標意外にも学ぶべきポイントがあれば取り上げるべきでしょう。したがって、正解は選択肢2ということになります。

 


 

問題7

実際のクラス決めをもとにした問題です。質問に目を通し<方法A><方法B>を見ていきましょう。

問1 4

タスクシラバス

「就活する」「婚活する」「離活する」など、言語を使って遂行すべき課題(タスク)で分類したシラバス。

構造シラバス

「〜は〜です」「〜する予定です」「〜すべきです」など、言語の構造、表現、文型で分類されたシラバス。文型シラバスとも言います。

 

<方法A>に「今は、三時です」「夏休みは沖縄に行く予定です」など、項目に関連がなく、様々な表現方法で答えるよう求められていますので、構造シラバスのクラスが設定されていると考えられます。そして、「今、何時ですか」「いつ日本に来ましたか」「それは高かったですか」など簡単な質問が含まれていますので、正解は選択肢4ということになります。

 


 

問2 4

1から12に行くにしたがって難しくなっているので(ア)に入る質問は5の「日本語の辞書を持っていますか」より難しく、7の「漢字はいくつぐらい書けますか」より簡単な質問が入るはずです。また、他の回答と重複しないような質問を選びましょう。

1は7の質問より難しいです(「モウイチドイッテクダサイトイイマス」など10の質問と同等でしょうか)。

2は5の質問より簡単です(「7時です」など1の質問と同等です)。

3は7の質問より難しいです(「シブヤニイコウトオモッテイマス」など8の質問と同等です)。

4は5の次あたりで妥当であると思われます(「ハイ、ミタコトガアリマス」)。

したがって、正解は4ということになります。

 


 

問3 1

1は、「はい・いいえ」のみで答えられると簡単すぎます。

2は、質問項目10・12などのように、即答することが難しい質問は避けるべきです。

3は、返答内容よりも日本語で答えることが重要なので、構えた緊張をほぐす必要はありそうです。

4は、関連性を持たせた質問の方が答えやすそうですね。

したがって、正解は選択肢1ということになります。

 


 

問4 3

「次のことが日本語でできますか」というチェックシートなので、言語行動の目標を達成する力に応じたクラス編成が設定されているときに適当です。

したがって、正解は選択肢3ということになります。

 


 

問5 2

1、「できる・できない」の質問はプライバシーの侵害にはなりません。

2、休憩時間の会話は、不特定の人との不特定の話題になります。

3、友達と会う約束ができるのであれば、初歩的な日本語能力はあると判断できます。

4、苦情を言いなさいと「強制」しているわけではないので、不利益にはつながりません。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問題8

実際の日本語教室をモデルとした問題です。先にざっくりと問題に目を通してから<資料1><資料2>を見ていきましょう。

 

問1 3

分からない語の意味を推測できるようにすると、たとえ分からない語が再び出現したとしても先に進むことができますね。

したがって、正解は3ということになります。

 

問2 4

パナラットさんは調理場担当のため、日本語を話す機会に恵まれていません。会話中心の教材が良いでしょう。また、持参してくる中級文法の本が合わないので、構造シラバスではないと判断できます。逆の場面シラバスを試してみると良いでしょう。したがって、正解は4ということになります。

 

問3 1

自分のわからない言語(例えばスワヒリ語)の理科や社会の教科書を渡されて「自分で理解しなさい」と言われたときにどうすれば分かりやすいでしょうか? このように試験問題は「自分に置き換えて考えてみる」ことで解ける場合があります。

1、スワヒリ語の教科書を読んで内容を理解するためには、教科書に出てくる語彙の和訳一覧表があると便利ですね。

2、スワヒリ語の文型の練習をしても、そもそも語彙が分からなければ教科書が読めません。

3、スワヒリ語の文字の読み方が分かっても、意味が分からなければ教科書を理解できません。

4、スワヒリ語の教科書を音読するのは難儀です。

したがって、正解は1ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう日本語教育能力検定どう?難しいでしょ??
パンダくん
うん。思いのほか難しい!
ウサギ君
出題範囲が広いからね!でも、やっていくうちに点と点がつながって線になって来るよ!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です