【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑰

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成24年度の過去問よ!ちゃんとついてきてるッ!?
パンダくん
……な、なんとか!ひ~!
ウサギ君
大丈夫!スパルタンなブー子ちゃんもステキだ~!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


問題3

問1 2

このような問題の場合は、実際に「美しい」と「きれい」を逆にして考えてみます。

1、「二人の友情は実にきれい」とは言えないので使い分けがはっきりしています。

2、「この写真は本当にきれい」とも言えるので使い分けがはっきりしません。

3、「油で汚れた手を美しく洗った」とは言えないので使い分けがはっきりしています。

4、「料理は美しくなくなった」とは言えないので使い分けがはっきりしています。

したがって、正解は2ということになります。

 


 

問2 2

動作動詞=「ある」など状態を表す動詞。反対に動作(動態)動詞とは「走る」など動作・変化・出来事など動きを表す動詞。

無意志動詞=「降る」など意志的な行為を表していない動詞。反対に意志動詞とは「食べる」のように意志的な行為を表している動詞。

動詞の分類には他に「第1・第2・第3グループにわける動詞」「自動詞・他動詞」「能動詞・所動詞」「本動詞・補助動詞」「単純動詞・複合動詞」など色々な分け方があります。もし、試験中に動作動詞・状態動詞の違い、無意志動詞・意思動詞の違いが思い出せなくても、実際に活用を変えてみることで解答を導き出すことができます。

 

1、       命令形にしてみます。

慌てろ、急げ、変われ、変えろ

2、       意向形にしてみます。

慌てよう、急ごう、変わろう、変えよう

 

「慌てる」だけが命令形・意向形ともにおかしいです。「慌てること」は意思を伴わないので無意志動詞であることが分かります。したがって、正解は2ということになります。

 


 

問3 1

このような問題は実際に選択肢のようにしてみることで解答を導くことができます。

1、ヲ格の名詞を入れ替えてみます。

○授業をサボる。○努力を怠る。

×努力をサボる。 ×授業を怠る。

使い分けのポイントが見えてきます。

2、ガ格の名詞を入れ替えてみます。

エミリーがサボる。彼女がサボる。

彼女が怠る。エミリーが怠る。

使い分けのポイントがはっきりしませんね。

3、過去形にしてみます。

サボった。怠った。

やはり、これも使い分けのポイントがはっきりしません。

4,疑問形にしてみます。

サボったんですか? 怠ったんですか?

やはり、これも使い分けのポイントがはっきりしません。

したがって、正解は1ということになります。「ヲ格の名詞を入れ替えてみる」ことによって使い分けのポイントが見えてきます。

 


 

問4 3

この手の問題も実際に変えてみることで正解を導くことができます。なお、1の終点を表す助詞、2の目的語、3の理由節、4の前節する動詞など分からない語句があっても落ち着いて解くようにしましょう。

1、「まで」を変えてみます。「自分で言ったため、最後(×には)頑張るつもりです」

2、「頑張る」を変えてみます。「自分で言ったため、最後まで(×ふんばる)つもりです」

3、「言ったため」を変えてみます。「自分で(〇言ったので)、最後まで頑張るつもりです」

4、「つもり」を変えてみます。「自分で言ったため、最後まで頑張る(×予定)です」

このように選択肢3だけが自然になりました。したがって正解は3ということになります。

 


 

問5 3

1、問1や問3にあるとおり、どちらか一方の表現しか使えない例文を作ることで、使い分けのポイントが見えてきますね。

2、問1や問3のとおり、非文を作ることによって、使い分けのポイントが見えてきますね。

3、コーパスとは、実際に使用された言語資料を体系的に収集し、研究用の情報を付け加えたデータベースのことです。コーパスを使用する際は、そのコーパスの代表性を意識する必要があります。例えば「日本語話し言葉コーパス」と「現代日本語書き言葉均衡コーパス」では代表性が異なるからです。

4、類義表現の特徴が見えてきたら、仮説検証に役立つような例文に絞ると良いでしょう。

したがって、正解は3ということになります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう?勉強はかどってる??
パンダくん
うん……あまりの難しさに頭が混乱してきたよ!
ウサギ君
うん!日頃、何気なく使っている日本語だけに難しいんだよ!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です