【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑫

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成24年度の過去問よ!ビシバシ行くわよ!?
パンダくん
オッケー!カマンッ!
ウサギ君
イエス!ヒアウィゴー!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


<試験Ⅱ>

 

問題1

例年、試験Ⅱの問題1はアクセント形式の聞き分けです。過去問を繰り返し解いた数が多いほど、練習量が多いほど正答率が上がる「慣れ」の問題です。コツは①口の中で小さく呟いてみる、②高→低の場所はプロミネンス(強調)のように、強く聞こえがちである、ということが挙げられます。音声は2回流されるので、落ち着いて聞きましょう。それでは実際に解いていきましょう。

 

1番c

どの選択肢も海のアクセントは「低→高」なのですが、問題を聞いてみると「近い」の「ち」が強く感じられます。したがって、正解は「④→⑤」が「高→低」になっている選択肢cであることが分かると思います。

 

2番d

「犬」の「い」、「鳥」の「と」が強く感じられます。したがって、正解は「①→②」と「④→⑤」が「高→低」になっている選択肢dであることが分かると思います。

 

3番b

「歩きたくない」の「あ」「た」「な」が強く感じられます。したがって、「①→②」「④→⑤」「⑥→⑦」が、それぞれ「高→低」になっている、選択肢bが正解であると分かると思います。

 

4番d

「テレビについて」の「れ」「つ」が強く感じられます。したがって、「②→③」「⑤→⑥」が「高→低」になっている選択肢dが正解であると分かると思います。

 

5番a

強く感じられる部分が分かりにくいので難しい問題ですが、1回目の音声で強い部分がないと判断したら、即座に思考を切り替えて2回目の音声では各選択肢の違いに着目します。「①→②」「⑦→⑧」に主な違いがあります。「お世話になります」の「おせ」は「せ」が上がっているように感じられるので、「①→②」が「高→低」になっている選択肢a,bのどちらかです。さらに「ま」が少し強く感じられるので、正解は選択肢aであると判断できます。

 

6番d

この問題も強く感じられる部分が分かりにくいので難しい問題です。1回目の音声で強い部分が分かりにくいと思ったら、即座に思考を切り替えて2回目の音声では各選択肢の違いに着目します。どうやら③と④、⑦と⑧に違いがあるので、「国際会議が」の「さ→い」「ぎ→が」に注意して聞いてみます。本来であれば「低高高高」になる「こくさい」の「い」が下がっているので、選択肢a,dのどちらかが正解。さらに「会議が」の「ぎ→が」が日本語母語話者の「低→高」になっていない選択肢dが正解であると導き出せます。

 


 

問題2

試験Ⅱの問題2は、例年プロソディーに関する学習者の発音上の問題点を選ぶ問題です。年によって「〇〇と△△(例:アクセントの下がり目と拍の長さ、プロミネンスと文末イントネーション)」というような2つの点で問題点があるヒッカケ選択肢があるのですが、今回はないので、シンプルに考えていきましょう。2回流れるので落ち着いて聞いていきましょう。

 

1番b

本来であれば「何が」にプロミネンス(強調)が置かれているものが「見えますか」にプロミネンスが置かれています。「スカイツリーは何かが見えること」はすでに既出の情報なので「見えます」にプロミネンスを置くのは誤りです。したがって、日本語学習者の典型的な誤りともいえる選択肢bのプロミネンスに関わる問題点です。

 

2番a

日本語学習者は「説明(せつめい・4拍)」というべきところを「せっつめい」と「っ(促音便)」を入れて5拍にしています。したがって、選択肢aの「拍の長さ」が問題点となります。

 

3番b

この問題も先ほどの1番と同じように、本来は新情報である「2キロは」にプロミネンスを置くべきところを、既出の旧情報である「泳いでいます」に置いている典型的な日本語学習者の誤りです。したがって、この問題もプロミネンスに関わる問題点です。

 

4番c

日本語学習者の「デジタルカメラ」はアクセントがおかしいので、正解は選択肢cの「アクセントの下がり目」という事になります。

 

5番a

「予定(よてい)」を「よーてい」としているので、正解は選択肢aの「拍の長さ」です。プロソディーの選択肢のなかで比較的分かりやすいのが「拍の長さ」だと思います。確実に正答していきましょう。

 

6番c

本来「高→低」になるべき「ネコ」のアクセントが「低→高」になっています。疑問文では文末イントネーションは上がるのですが、「ネコ」のアクセント自体を変えるのは誤りです。したがって、正解は選択肢cの「アクセントの下がり目」という事になります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう?良い感じに分かってきた?
パンダくん
うん……なんとなく!
ウサギ君
大丈夫!最初はみんなわからないよ。0に小さな1を足していくんだ!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です