【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑩

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成24年度の過去問よ!過去問を繰り返し解きましょう!
パンダくん
よーし!今日も気合を入れていくぞ!
ウサギ君
うん!分からないところは飛ばしてもOK!いつか分かるようになるから!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


問2 3

ミナは一見、映画とは関係ない話を答えていますので、正解は3という事になります。


問3 4

自分が何かに誘われたときを想像してみると良いでしょう。

誘いを受諾するときは、言いよどみが少なく、前置きしないので短い表現で終わります。

誘いを断るときは、言いよどんだり、前置きしたり、言い訳をするので長い表現になります。

したがって、正解は4という事になります。


問4 2

関連性の公理について説明している文章なので「関係のないことは言わない、」という選択肢2が正解となります。


問5 1

含意とは「表面に現れない意味を含みもつこと」です。ミナの答えは、イエス・ノーではありませんが「明日、レポートの締め切りがある」という表面的文章から「忙しくて出られない」「レポートに集中したい」といった含意を読み取ることができるのです。したがって、正解は1の含意という事になります。


問6 4

「どちらまで?」と行き先を聞いているのに対し、「ちょっとそこまで」は曖昧な表現で答えになっていません。一見様態の公理に違反しているように見えます。*しかし、このやりとりは定型文的に用いられがちなため、挨拶としては十分なのです。したがって、正解は4という事になります。


問題12

問1 1

発話者の属性や相手との関係、状況によって同じことに対し二つ以上の言い方が存在することを「変異」というそうです。したがって、正解は1という事になります。しかし、「赤本(日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド)」には載っていなかったような気がします。 *出題範囲の広い日本語教育能力検定試験では、度々このように勉強したとしてもカバーしきれずにわからない問があらわれがちです。その場合は消去法で考えると良いでしょう。2の新方言は「新しい方言の使われ方」です。若い人が今まで標準語になかった語彙を方言から取り入れて使う現象。井上史雄命名。ネオ方言とカップリングで出題される傾向があるので×。

ネオ方言=標準語と方言の接触により、その混交形式として生まれた中間的なスタイルのこと。テレビ放送によって標準語と方言のバイリンガルが増え、学校などでダイグロシア(二言語併用社会)の状況を呈している。提唱者は真田信治で「ネオ方言はスピーチスタイルである点が新方言とは異なる」といいます。

次に3は、漢字から物事の外側にかかる変化だと気が付きます。4はバイリンガリズムのことです。よって、消去法で1が正解だという事になります。


問2 3

若者が「ゲームセンター」を「ゲーセン」「けばけばしい」を「けばい」と言ったりする造語のことを省略語といいます。したがって、正解は3という事になります。ちなみに1は「しんどい」「うざったい」など地域方言が共通語化することです。2はその構造が、別々の言語に由来する二つの部分からなる言語のことで、4は語構成において2つ以上の形態素を組み合わせて作られた語のことです。


問3 4

高から低に変わる部分がないアクセントの型を「平板式」といいます。したがって4(平板化)が正解です。ちなみに、卓立(プロミネンス)とは、言葉のある部分を強く言ったり高く言ったりして、他と際立たせること。2や3は日本語教育能力検定試験完全攻略ガイドなどでは出てこない単語なので候補から外せる、簡単な問題だと言えます。


問4 1

老年層の言葉の特徴の例として不適当なものを選ぶ問題なので、若者も使う言葉かどうかを考えてみましょう。

1、富士フイルムなど若者も使います。

2、テッシュペーパーと若者が言うと、友達に笑われてしまいます。

3、シーデーと言っても、「さむい」と言って相手にされません。

4、レモンチーなどと言おうものなら女の子に引かれそうです。

したがって、正解は1という事になります。


問題13

問1 1

漢字は表意文字なので字だけで意味が分かります。したがって、正解は1という事になります。ちなみに漢字は「表意文字」ですが、「表音文字」には「音節文字(仮名)」「音素文字(ローマ字)」があり、単に音を表すだけです。


問2 2

複数の漢字変換候補から適切な漢字を選択する行為も、漢字習得に寄与します。正解は2です。このように「断定的に否定(寄与しない)しているもの」は怪しいとみていいでしょう。主に「不適切なものを選ぶ問題」で出題される傾向があります。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう?良い感じに分かってきた?
パンダくん
うん……なんとなく!
ウサギ君
大丈夫!最初はみんなわからないよ。0に小さな1を足していくんだ!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です