【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】⑧

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成24年度の過去問よ!過去問を繰り返し解きましょう!
パンダくん
よし!やる気を出して頑張ろう!
ウサギ君
うん!過去問は何回も繰り返し解かないとネ!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


問4 2

有標性の具体例を選ぶ問題です。「無標は基本」「有標は応用」というポイントを押さえましょう。英語を学んだ順番を思い出していきましょう。まず基本(無標)を習って、次に応用(有標)を習ったと思います。

1、単数形は基本なので無標、複数形は応用なので有標。

2、否定文は応用なので有標、肯定文は基本なので無標。

3、規則動詞は基本なので無標、不規則動詞は応用なので有標。

4、主語の関係節化は基本なので無標、目的語の関係節化は応用なので有標。

したがって、正解は2という事になります。


問5 1

「ディクトグロス」とは、日本語を統合的に練習する活動です。

1、まとまりのある内容を持つ短めの文章を、教師が数回音読している間、学習者はキーワードのメモを取ります。

2、その後、学習者が個別に、または他の学習者と協働して、元の文章と同等の内容・構成になるよう、文章を復元していく活動のことです。

したがって、正解は1という事になります。

なお、似たような学習にジグソー練習があります。似ているのでキチンと覚えましょう。

「ジグソー法」とは、協同学習を促すためにアロンソンによって編み出された方法です。1つの長い文章を3つの部分に切って、それぞれを3人グループの1人ずつが受け持って勉強します。それを持ち寄って互いに自分が勉強したところを紹介しあって、ジグソーパズルを解くように全体像を協力して浮かび上がらせる手法のことです。


問題9

問1 3

記憶の仕組みは「情報のインプット→符号化→転送→貯蔵→検索→アウトプット」という流れです。下線部Aは情報のインプットについてなので、選択肢1と2が除外されます。選択肢4はもともとテキストなどに出てこないので論外です。音声による入力、あるいは文字による入力を理解し記憶するには、情報のインプットが符号化される選択肢3が正解となります。


問2 4

長期記憶には宣言的記憶と手続き的記憶があります。

「宣言的記憶」言語の意味や一般的知識(クジラは哺乳類である等)に係る意味記憶と、思い出のように特定の時間的・空間的文脈を伴う出来事の記憶であるエピソード記憶に別れます。

「手続き的記憶」は自転車の乗り方などの運動技術や言語を実際に運用する技能です。宣言的記憶が手続き的記憶に移行し、迅速に処理できるようになった状態を自動化といいます。例えば「赤本(日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド)第3版・P245」では「宣言的記憶→手続き的記憶」の図で手続き化の文字が見えますが、一般的には「自動化」の言葉がどのテキストでも用いられています。おそらくひっかけ問題だと思われます。したがって、正解は4という事になります。


問3 4

ワーキングメモリーに関する記述を選ぶ問題です。ワーキングメモリーについて復習しましょう。

ある婚活パーティーで初めて会った女性に名前を聞いたとしましょう。その時には覚えているけれど、特に好みでなかった場合は名前をすぐに忘れてしまうと思います。このような短い期間で覚えている記憶を短期記憶と言います。これに対し、自分の携帯番号は、聞かれればすぐに答えることができます。その番号は記憶としてずっと保持されているからで、このような記憶を長期記憶といいます。

初めて聞いた情報は短期記憶として頭の中にインプットされ、何度かくり返されたりすることで長期記憶として残っていくのが記憶の仕組みです。ちなみにこれはアトキンソンとシフリンによって提唱された「二重貯蔵モデル」と言います。

しかし、現在は短期記憶の概念を拡大し、ワーキングメモリー(作業記憶・作動記憶)として捉えられています。ワーキングメモリーは容量に制限があり、個人差があります。言語情報に特化しているわけではなく、あらゆる情報の保持・検索・分析・統合といった高度な認知的作業を行う動的な記憶です。

多くの人間は何らかの刺激を受け取った時にそれを記憶しますが、それを全て記憶しきることは不可能であり、人間が記憶できる限界の数というのが「7」ですが、個人差があるので5~9つまり「7±2」「マジカルナンバー7±2」と言われています。

また、チャンキング(覚えるべき対象をいくつかのかたまりに分けること)でワーキングメモリーに保持された情報を長期記憶に転送しやすくなると言われています。

具体的な工夫(記憶ストラテジー)には、ほかに「維持リハーサル(忘れないように声に出したり、心の中で何度も復唱したりする)、「生成効果(自分で問題をつくったり、解いたりする」「体制化(情報相互をカテゴライズし、整理する)」「精緻化リハーサル(情報をイメージ化したり、既有知識と関連付けしたりする)」などがあります。

《具体例・婚活パーティーで……》

「くー! 今日の婚活パーティーはなかなか手ごたえがあったゾ! まず、第1希望は会員№18の美詩麗子(うつくしれいこ)さん! キレイだったなぁ。。。仕事はCA、お嬢様学校のキャサリン女子大卒、身長165㎝でおっとりとした和風美人! う~ん、たまらない!(←長期記憶)あー! 美詩麗子さん!美詩麗子さん!(←維持リハーサル) あっ、そうそう! 地味南花子(じみなはなこ)さん……だったっけな? いま思い出せって言われても思い出せないくらい地味な顔だったな。。。会員№なんだったっけ?(←短期記憶) でも、俺に気がありそうだったし、とりあえず美詩麗子さんがダメだった時用に忘れずにキープしとこう! たしか同級生の〇〇ちゃんに似ていたような気がする。。。(←精緻化リハーサル) あと№3のミチコさん、№4のヨシエさん、№5のイツミさん、№6のムツコさん、№7のナナセさんも可愛かったなぁ。。。う~ん、他にもいい子いたけど思い出せないから、この辺で勝負賭けよう!(←マジカルナンバー±2) よーし、まずは名前・年齢・見た目・手ごたえレベル(←チャンキング)で一覧表にしよう!(←体制化)」という例を自分が覚えるために作っている筆者(←生成効果)。

《閑話休題》

1、ワーキングメモリーでは情報保持時間は決まっていません。マジカルナンバー7±2です。

2、ワーキングメモリーには個人差があります。

3、言語情報に特化しているわけではありません。

4、容量に制限があるので、情報処理に使いすぎるとメモリ不足となって保持ができません。

したがって、正解は4という事になります。


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう?ついていけてる?
パンダくん
ううっ、もうダメかもしれない……なんだか無理ゲーに思えてきた……
ウサギ君
大丈夫!繰り返し過去問を解いていくと、自然に分かるようになるよ!……たぶん。

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です