【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】④

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成24年度の過去問よ!過去問は大事よ~!
パンダくん
うん!何回も繰り返し解くことで理解が深まるんだね!
ウサギ君
よーし!がんばるぞー!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

<試験Ⅰ>

(11)3

1、連体修飾節とは書いて字のとおり、ある語・句・節が名詞(体言)に連なり修飾する節です。 例:有閑マダムが集まるが高級レストラン

連体修飾には、次の三つのパターンがあります。

 

①連体修飾語を使って修飾する

連体詞で修飾する→この話、わが国など

形容詞で修飾する→美味しい料理、キレイな人など

動詞で修飾する→食べる物、太った人、知っている人など

 

②連体修飾句を使って修飾する

昔からの習慣(名詞+から+の)、突然の雨(副詞+の)など

 

③連体修飾節を使って修飾する

修飾節(述語を含む形)で名詞を修飾する形式である。修飾される名詞を「底(てい)」というが、この修飾節と底との関係によって、以下の三通りに分けられる。

 

【修飾節と底との関係】

(1)内の関係(関係節による修飾/同一名詞連体修飾)

修飾節中の述語と底との間に何らかの格関係がある場合、これを「内の関係」という。「きのう読んだ本はおもしろかった」という連体修飾文をみると、修飾節の述語「読んだ」と、底「本」との格関係はヲ格の関係を持っている。内の関係にある連体修飾節を「関係節」という。

(2)外の関係(内容節・同格節による修飾/付加名詞連体修飾)

修飾節中の述語と底との間に格関係がない場合を「外の関係」という。「さんまを焼いているにおいがする」という文では、修飾節の述語「焼いている」と、底「におい」の間には格関係が成り立たない。外の関係にある連体修飾節を「内容節」あるいは「同格節」という。

(3)外の関係(相対節による修飾)

関係節の底が省略されて、述語と底との格関係が見えなくなる形もある。相対節(補充節)といわれる。

【私たちが歩いている下では地下鉄の工事が進行していた】

この文では「下」は「歩く」の補足語ではない。「場所」とか「道路」という補足語があって「……歩いている場所の下では……」という形が省略されたものと考えられる。

節を使った連体修飾文は、二つの文が結合してできあがっているということができる。内の関係では底となる名詞が元の二つの文のそれぞれに現れるが、外の関係では一方の文だけに現れるということである。

 

内の関係:きのう本を読んだ+その本はおもしろかった

→きのう読んだ本はおもしろかった。

外の関係:さんまを焼いている+そのにおいがする

→さんまを焼いているにおいがする。

 

2、主節とは、複文(述語が複数ある文)のうち、文末の述語を中心に文全体をまとめる働きをする節です。

3、従属節とは、接続節(複文を構成するのは主節と接続節)のうち、主節に従属的な節をいいます。補足節は従属節の一種です。

4、名詞節とは名詞の性格を持った従属節のことで補足節ともいいます。

したがって、問題文にある「とりあえず入学したものの」は「従属節」なので、正解は3になります。


(12)3

文法化とは、動詞や名詞といった内容を表す語が、助動詞や代名詞のような文法的機能を帯びるようになる意味変化のことです。ですので、本来の意味が薄れていない動詞を選びましょう。

1、「いう」という本来の意味が薄れています。

2、「する」という本来の意味が薄れています。

3、「したがう」という本来の意味どおりです。

4、「もつ」という本来の意味が薄れています。

したがって正解は3ということになります。


問題3-D

(13)2

複合動詞(動詞を含む二つ以上の単語から成る複合語)の要素になる動詞以外の品詞を考えてみましょう。選択肢1の代名詞には色々なものがあります。人称代名詞(彼・誰……)、指示代名詞(コ・ソ・ア)など複合動詞には使われませんね。選択肢2が正解で「名詞+動詞」の複合動詞には「旅立つ」「腰かける」などがあります。したがって、正解は2となります。

陳述副詞=話し手の態度や気持ちを表す副詞。副詞のうち、述語のモダリティにかかわります。 例:「決して」諦めない。「たぶん」雨が降るだろう。「たしか」今日だったはずだ。

連体詞=体言(名詞)に連なり修飾する品詞。形容詞と似た働きをしますが、活用せず、文の述語にもなりません

このように、もし分からない語が出てきたら無理に考えようとせずに、分かる単語から当てはめていくストラテジーが有効な場合もあります。また、日本語教育能力検定試験は出題範囲が多岐にわたるため、テキストに載っていない語なども選択肢に上がりがちです。その場合もエポケーして判断を留保してもいいですし、構成されている漢字から想像するのも有効です。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  ③

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう?分からないところはある?
パンダくん
うううっ……分からないところの方が多い!
ウサギ君
日頃、当たり前のように使ってる日本語だけど、人に教えるには色々な知識が必要なんだね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です