【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】③

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
今日も平成24年度の過去問よ!合言葉は……わかってるわね!?
パンダくん
うん!「過去問を制する者は、試験を制す」だね!
ウサギ君
よーし!がんばるぞー!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

<試験Ⅰ>

 

(6)2

それでは「ある」を選択肢1~4までのものすべてを変えていきましょう。

選択肢1

「ある」の可能形 あれる×

「ある」のマス形 あります〇(他の五段活用動詞と同じ)

選択肢2

「ある」のナイ形 ない×(他の五段活用動詞と異なる)

「ある」のテイル形 ありている×

選択肢3

「ある」のテオク形 ありておく×

「ある」のバ形 あれば〇(他の五段活用動詞と同じ)

選択肢4

「ある」のテアル形 ありてある×

「ある」のタ形 あった〇

*「ありた」ではなく促音便だが、他の動詞にもたくさんあるので異なる特徴とは言えない(例:取った・散った・終わったなど)。

したがって、正解は選択肢2となります。


(7)1

まず、「病気」の対義表現(意味が反対となる語や、意味が対照的になっている語)は「健康」が考えられます。「健康」は「健康な」と名詞を修飾するので正解は選択肢1の形容詞的な意味合いです。なお、連体詞は体言(名詞)を修飾するといった点では形容詞に近いのですが「活用はしない」といった特徴があります。例を挙げると「ある人」「たいしたヤツ」「大きなネコ」など。


(8)3

1、3人の学生→(名詞的・ノ格で名詞を修飾しているので)

例:犬のエサ(名詞+名詞)、カッコいい犬、大きな犬(形容詞+名詞)

2、3人来た→(副詞的・「来た」という動詞を修飾しているので)

ちなみに名詞を修飾するのが形容詞。

例:美しい花(美しい→形容詞)、美しく踊る(美しく→副詞)

3、250cc入れる→(副詞的)

250ccの水を入れる→(名詞的・ノ格で名詞を修飾しているので)

4、250cc入れる→(×形容詞的→〇副詞的)

250ccの水を入れる→(×連体詞的→〇名詞的・ノ格で名詞を修飾しているので)

したがって、正解は両方とも適した説明の選択肢3となります。


問題3-C

(9)4

形式名詞とは、それ自身では実質的意味がない名詞のことです。節をまとめて名詞化する仕掛けなどに使われます。

例「(マッチングサイトで出会った彼女が実は元男性である)ことをフェイスブックで知った」

従属節「マッチングサイトで出会った彼女が実は元男性であること」は「こと」という形式名詞によって名詞化されています。この文章における「こと」に実質的な意味はなく、節を名詞化する機能しかないのです。形式名詞は他に「わけ・ため・うち、はず・もの・こと・よう・ところ・ほう・の」などがあります。

わけ:(どうりで声が野太い)わけだ

ため:(フェイスブックを覗いた)ために真実に気付いてしまったんだ

うち:(これ以上トラウマに悩まされない)うちに別れてしまおう

はず:酒に酔っていたんだ……(シラフなら気が付いた)はずなのに

もの:(俺の観察力も鈍った)ものだ

こと:(息子のムスコが元男と関係があった)ことを知ったら親はなんて思うだろう

 

ちなみに、形式名詞と異なり実質的な意味がある名詞を実質名詞と言います。

【彼女(彼?)が真実を隠していたわけを知りたい】。

この文章の「わけ」は、それ自身で「理由」という実質的な意味があるので形式名詞ではありません。

 

1、「らしい」は推定の助動詞です。

2、「べきだ」は当然の助動詞です。

3、「だろう」は断定の助動詞「だ」の未然形+推量の助動詞「う」で、不確かな断定や推定の意を表します。

4、「つもりだ」の「つもり」は形式名詞です。

したがって正解は4ということになります。


(10)1

補足節とは、従属節のうち、節全体が名詞となり(そのため補足節を名詞節と呼ぶ人もいる)、述語に対する補語(補足語)の役割を果たす節のことです。

1、述語「聞いた」の内容について、従属節「彼女が結婚すること」が名詞となって補足しているので、補足節になります。

2、従属節「主役が来ないことには」が、主節「パーティーが始まらない理由」という情報を加えて修飾しているので、副詞節になります。

3、この文の「こと」は主節です。

4、この文の「こと」は主節です。

 


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  ③

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう?分からないところはある?
パンダくん
うううっ……分からないところの方が多い!
ウサギ君
日頃、当たり前のように使ってる日本語だけど、人に教えるには色々な知識が必要なんだね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です