【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解と解説】①

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
よし!それでは平成24年度の過去問から見ていくわよ?
パンダくん
うん!試験Ⅰは基礎知識だね!
ウサギ君
よーし!がんばるぞー!

 





 

検定試験合格は独学でも十分可能です。しかし、日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、難易度が高いと言われています。合格するためには適したテキスト過去問を数年分繰り返し解くことが重要です。

推奨されるテキストは「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」です。業界大手であるヒューマンアカデミーが監修しているため難解な専門用語が丁寧に説明されています。受験者にも人気が高く、表紙の色から「赤本」と呼ばれています。教科書に値する赤本に一通り目を通してから、数年度分の過去問を繰り返し解くことが基本の独学スタイルです。

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

 

過去問とは日本語教育能力検定試験を実施するJEESが発刊する「日本語教育能力検定試験 試験問題」です。部数に限りがあるため過去のもの(平成23・24・25・26年度)は高額になっていますが、現在定価で手に入るもの(平成27年度・28年度・29年度)で試してみても良いかもしれません。両方ともAmazonで購入できます(こちらのページで詳細をまとめました)。

 

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

<試験Ⅰ>

 

問題1 

(1)2 

毎年、試験Ⅰの最初は「音声記号」です。平成24年度は【声帯振動】、平成26年度は【調音点】、平成28年度は【唇のまるめ】、平成29年度は【調音法】でした。選択肢は以下の通り。

1、[ɸ]無声両唇摩擦音

2、[ ɲ]有声硬口蓋鼻音

3、[ts]無声歯茎破擦音

4、[ɕ]無声歯茎硬口蓋摩擦音

5、[k]無声軟口蓋破裂音

2のみが有声音なので、正解は2となります。


(2)1

【二つの子音の調音法】に関する問題です。音声記号一覧表を見てみると、1は破擦音と破裂音、2は破裂音と破裂音、3は破裂音と破裂音、4は破裂音と破裂音、5は破裂音と破裂音の組み合わせなので、正解は破擦音が入った1となります。


(3)5

【母音の無声化】に関する問題です。母音の無声化は難しいので完全に理解するのは諦めても良いと思います。ポイントは口に出していってみることです。選択肢5のみが「いしき」の「し」をいう時だけ声帯が振動していないことに気が付くと思います。よって正解は5です。

実際の試験会場で声を出すのは難しいのですが、隣の人にも聞こえないような小さな声で言ってみるしかありません。その場合、周りに聞こえてしまってはルール違反ですし、選択肢2の「かんせん」の「せ」も無声化っぽく聞こえがちなので注意が必要です(試験会場以外でちゃんと声に出すと、声帯振動していることに気が付くはずです)。


(4)2

【漢語の構造】に関する問題です。いずれも前の語が後ろの語を草食しているので、構造を分解してみましょう。

1、進む→路

2、予め→知る

3、晴れた→天

4、産まれた→地

5、造られた→花

次に品詞に分けてみます。

1、進む(動詞)→路(名詞)

2、予め(福祉)→知る(動詞)

3、晴れた(動詞)→天(名詞)

4、産まれた(動詞)→地(名詞)

5、造られた(動詞)→花(名詞)

選択肢2のみが修飾語(前の語)が副詞で、被修飾語(後の語)が動詞なので、正解は2となります。


(5)5

【接頭辞と品詞の変化】に関する問題です。『はじめて学ぶ言語学』(下記参照)P49には「否定を表す接頭辞は、名詞について『ナ形容詞』を作ることが多い」とあります。この問題ではすべての選択肢は接頭辞の「不」を除くと名詞になります。

1、利益

2、注意

3、都合

4、規則

5、満足

しかし、選択肢5だけが「ナ形容詞」にもなります。

1、「利益な」とは言わない。

2、「注意な」とは言わない。

3、「都合な」とは言わない。

4、「規則な」とは言わない。

5、「満足な」とも言う。

よって、正解は5になります。


(6)4

【擬音語・擬態語】に関する問題です。1、2、3、5は「鳴っている音」を表しているので擬音語です。対して4の「ねばねば」は音ではなく、状態を表す擬態語です。したがって4が正解となります。


(7)4

【語義の変化】に関する問題です。1の健康、2の天気、3の機嫌、5の評価は本来「いい」か「わるい」かの語義ですが、「いい」というプラスの意味で用いられています。4の行事だけが本来の意味のままで変化がありません。よって、4が正解となります。


(8)2

【動詞の自・他】に関する問題です。1番は「他動詞-自動詞」、3、4、5番が「自動詞-他動詞」という自・他の組み合わせに対して、選択肢2のみが「他動詞-他動詞」です。よって、正解は2となります。


(9)1

【形容詞構文と格表示】に関する問題です。2は(音楽で)癒す、3はまく、4は(心を)ひく、5は(うまい話で)つる、というように能動態に変えることができる受身形ですが、1の「(気が)まぎれる」は受身形ではありません(「まぎる」とは言わない)。よって正解は1です。


(10)2

【形容詞構文と格表示】に関する問題です。1に積極的だ、2と親密だ、3に申し訳ない、4に厳しい、5に詳しい。2だけが「ト格」で、他はすべて「ニ格」です。よって正解は2であることが分かると思います。


(11)1

【数量詞+「は」の意味解釈】に関する問題です。選択肢2、3、4、5は数量詞が実際より控えめであることを示しています。

2、(少なくとも)30歳は越えている。

3、(少なくとも)五つは食べられる。

4、(少なくとも)50人は入れるだろう。

5、(遅くとも)3時間は切るだろう。

しかし、選択肢1のみが数量詞が「実際より大げさであることが示されています。

1、腹筋100回は(多すぎて)無理だ。

よって、選択肢1が正解である事が分かると思います。


(12)4

【「もう」の用法】に関する問題です。選択肢1、2、3、5の「もう」は「完了」の意味の「もう」です。選択肢の4だけが「近い未来(まもなく)」という意味で用いられています。

1、(すでに)海水浴が出来ます。

2、(すでに)作業は終わりましたか

3、(すでに))子供ではありません。

4、(まもなく)来ると思います。

5、(すでに))2回も見ました。


(13)5

【「よく」の用法】に関する問題です。選択肢1,2,3,4,の「よく」は「程度(ちゃんと)」という意味の「よく」です。一方、5は「頻度」を表しています。

1、(ちゃんと)手を洗いましょう。

2、(ちゃんと)混ぜてください。

3、(ちゃんと)かんで食べるようにしています。

4、(ちゃんと)眠れませんでした。

5、(頻繁に)弟に間違えられます


(14)5

【「た」の用法】に関する問題です。選択肢1、2、3、4の「た」は「発見」の意味の「た」ですが、選択肢5の「た」だけは「過去」の意味を表している「た」です。したがって5が正解となります。


(15)3

【「ずに」の用法】に関する問題です。選択肢1、2、4、5の「ずに」は「ないで」と言い換えることができますが、選択肢3の「ずに」だけは「なくて」と言い換えることができます。「ずに」の前の文が「後ろの文の原因」を表しています。したがって選択肢3が正解であることが分かると思います。

*例年、試験Ⅰのはじめの方では「言い換えると解ける問題」が数個出題されます。試験会場では慌てずに「言い換えてみるストラテジー」を用いるのも重要です。


 

《目次》

【基本】日本語教育能力検定試験について

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

  ③

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
どう?なかなか難しいでしょ!?
パンダくん
うん!でも、面白いかも!
ウサギ君
ひえー!難しいよー!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です