【基本】日本語教育能力検定試験について

日本語教師になるには、①日本語教育能力検定試験に合格、②日本語教師養成講座420時間、③大学日本語教育課程 主・副専攻修了者のどれか1つが条件よ! 独学で勉強するには「過去問を繰り返し解くこと」が一番大切! 頑張るわよ~!ブヒ~!

ブー子
それでは、まず日本語教育能力検定試験とはなんぞや!?から始めるわよ~!二人とも準備はいい!?
パンダくん
うん!準備万端だよ~!
ウサギ君
世界の人たちに「日本語」を教えたいね!

 





 

日本語教育能力検定試験とは?

=日本語教員となるために学習している人・日本語教師として実際に活動している人の、日本語教育の実践につながる知識が体系的に水準に達しているかを測る検定です。毎年1回10月下旬に公益財団法人日本国際教育支援協会JEESが実施しています。

 


 

日本語教育検定試験に受かるとどうなるの?

日本語教師になれます。日本語教師は国内外の外国人に日本語を教える仕事で、海外では東アジア(中国・韓国・台湾など)、東南アジア(タイ・ベトナム・カンボジア・ミャンマーなど)で数か月から数年契約で採用、国内では日本各地の日本語学校で常勤・非常勤(いわゆる正社員・アルバイト)として採用されます。海外では快適な生活が送れる程度(日本円で10万円前後・常勤)、日本国内では非常勤でコマ給(45分~90分)1600~1800円スタートの所が多いです。

 


 

日本語教師って?

=国内外で世界の人々に日本語を教える先生です。主にアジアで活動している人は多く、定年もないことからセカンドライフに挑戦するセミリタイアのシニア層、海外で働きたい若年層、ストレスからの脱却とやりがいのある仕事をしたくて脱サラしたビジネスパーソン、副業に考えている自営業者など、多くの人に人気があります。

 


 

試験内容は?

=出題範囲は、異文化適応・調整、日本語教育史などの「社会・文化・地域」、社会言語学・言語社会学、多文化・多言語主義などの「言語と社会」、習得過程。中間言語などの「言語と心理」、教授法、評価法などの「言語と教育」、一般言語学、文法体形、文字と表記などの「言語一般」の各区分から広く浅く出題されます。

 


 

試験時間・点数は?

=試験Ⅰ(基礎的な知識・90分・100点)、試験Ⅱ(音声・聴解・30分・40点)、試験Ⅲ(基礎的な問題解決能力・120分・100点)の合計240点満点で構成されています。試験Ⅰ・Ⅱはマーク式ですが、試験Ⅲは20点分の記述式が含まれています。

 


 

受験人数と合格者数、合格点数は?

=例年5000~8000人ほどが応募し、4000~7000人が実際に受験し、900~1000人が合格しています。満点を取ったものは過去にいないと言われており、合格するために必要な点数は年によって違います。従来は点に対して3分の2程度から70%ほどが目安でしたが、例えば2005(平成17)年度~2008(平成20)年度は158点から170点(65%~71%程度)、2009(平成21)年度は難易度が低かったため、合格最低点は185点(正答率77%)まで上がったそうです。

 


 

合格通知は?

=例年12月下旬に発送されます。合格者は「合格通知書在中」と書かれた封筒、非合格者はハガキでその旨が通知されます。

 


 

独学でも可能?

独学でも十分可能です。一般的に大手言語学習企業アルクが販売しているNAFL日本語教師養成プログラムが有名ですが、試験対策となると個人的にはあまりおススメできません。この商品はあくまで「試験に受かったあとに日本語教師として教壇に立つためのもの」と当サイトは考えています。

 


 

テキストは何を使ったらいいの?

通称赤本と呼ばれる「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド(ヒューマンアカデミー)」を教科書として用いて、Amazonなどで購入できる通称過去問と呼ばれる「日本語教育能力検定試験 試験問題」を数冊繰り返し学習すれば合格できると思います。平成30年現在、入手できる過去問は平成23年度~平成29年度ですが、平成23・24・25・26年度は在庫が少なくプレミアがつくようになってきています。ある部数以上発効しないようなので、日本語教育能力検定試験を目指す方はなるべく定価のうちに買いたいですね!

 

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

平成23年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成24年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成25年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成26年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成27年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成28年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

平成29年度日本語教育能力検定試験 

試験問題

 


 

《目次》

【平成23年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成24年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成25年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成26年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成27年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成28年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【平成29年度日本語教育能力検定試験・過去問・正解・解説】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・あ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・か行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・さ行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・た行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・な行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・は行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ま行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・や行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・ら行】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・わ・を・ん】

【日本語教育能力検定試験に頻出の用語集・英数字】

 


 

ブー子
日本語教育能力検定試験には独学でも受かるわよ!
パンダくん
うん!大学で日本語教育課程を副専攻も修了してないしね!
ウサギ君
……かと言って、民間のスクールで日本語教師養成講座420時間は60~70万円はかかるしね!

 





ブー子ちゃんの「日本語教育能力検定試験」のコーナー!みんなで憧れの日本語教師を目指そう!

それでは、次回をお楽しみに! ブヒ、ブヒ、ブヒヒッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です